« トヨタ2000GT | トップページ | ガス欠 »

2004.12.18

鏡面

降った雪が積もって道路が白くなったかと思いきゃ、日中融けてびちゃびちゃに。車通りが多い道なら、それでアスファルト路面も出て、比較的走りやすくは、なるのだ。

日中なら。

道路の狭さを除いたら。

日が沈んで気温が下がるとその道路が微妙に凍り、非常に滑りやすくなるのだ。
この路面は、ブラックアイスバーン、と言うべきか な?
ちなみに、ミラーバーンは、硬く踏みしめられた圧雪路面が、スタッドレスタイヤの空転などでツルンツルンに磨かれてできる。どちらも相当性質(タチ)が悪い。

もっと気温が下がればかえってタイヤもグリップするのだが、マイナス数度程度の冷え方だと、ホントにもう「これでもかー」と思うくらいによく滑る。

例を挙げてみよう。
結構前の信号が赤に変わった。3速で走っていて、アクセルを緩めた。その途端、路面の摩擦力に対してエンジンブレーキが勝ってしまい、(4輪駆動なので)意図せず4輪ロック状態 → つるー。
一応、場数はそれなりに踏んでいるから特に焦る事はない。この場合、ほんの少しアクセルを入れてやる、なんてこともしたりする。対処法は人それぞれかもしれないし、これを読んで真似した挙句、オカマ掘った、なんてことがあったとしても、私は一切関知しない。

これが以前乗っていたFR車だったら、駆動力が後輪にしかかからない=後輪がロック状態となり、下手したらクルマが自転し始めるのだ。

こんな道路状況を楽しく思い、金曜深夜から土曜早朝にかけて200キロほど走ってきたのは私だ。

|

« トヨタ2000GT | トップページ | ガス欠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46814/2307554

この記事へのトラックバック一覧です: 鏡面:

« トヨタ2000GT | トップページ | ガス欠 »