« 鏡面 | トップページ | 特命リサーチ200X »

2004.12.19

ガス欠

いや、クルマじゃなくて、暖房機が。
クルマで切れたのは、運転席側ヘッドライトのバルブだ。

土曜深夜から日曜早朝まで、特に何かをしていた訳ではないのに起き続けていた。というのは、土曜日にやっていた、ジョー・マクモニーグルの特番を見ながら、ほとんど二時間いっぱい居眠りこいていたため、眠りたくても眠れなかった、というのが妥当なところだろう。

封筒の中身を透視するテストの為に瞑想っぽいことをやったら、そのまま船を漕いでしまっていたのだな。

ちなみに、その次のDNA関連の特番、サイエンスミステリーは、非常にすっきりとした意識で見続けた。


日曜早朝に眠りに着き、久しぶりにそのまま眠り続け、寒いので起きた後もそのまま布団の中でダラダラして、ようやく暖房機のスイッチを入れて活動し始めたのが、17:30くらい。
ぼうっとしながらも報道番組を見、その続きでアニメを見ていたら、暖房機の燃料ポンプから「がつがつがつがつ」と異音がし始めた。暖房用灯油のストックが切れた。

屋外に置いてある90L入る灯油タンクの残量を、最近チェックしていなかったのだ。

暖房機がただの置物と化すと、すぐに寒さが部屋の中に侵入してくる。
寒さこらえてアニメを見続け、その後、ポリタンクをクルマに積み込みガソリンスタンドへ。

灯油をゲットし、帰りにスーパーに寄って食べ物を調達し、 アパートに帰着して屋外タンクへ灯油を移し替え。

外に出ているついでに、車の切れたヘッドライトバルブを以前使っていたスペアと交換。

日曜が終わった。


|

« 鏡面 | トップページ | 特命リサーチ200X »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46814/2318281

この記事へのトラックバック一覧です: ガス欠:

« 鏡面 | トップページ | 特命リサーチ200X »