« お願いする(BlogPet) | トップページ | やべぇ »

2008.07.16

トヨタ必死だなー

クルマが売れないから、クルマに企業の広告を貼り付けることで実質値引するというサービス「カーバイト」をトヨタが試験的に始めたらしい。

あなたの車に広告を トヨタ、実質値引きで若者狙う


 トヨタ自動車は15日、購入した新車の車体に企業広告をつけて走れば小遣い稼ぎができる新サービス「カーバイト」を始めた。クルマ離れが進む若者をターゲットに、車両価格を実質値引きする業界初の販売促進策だ。まずは神奈川県と北海道の系列販売店7店で試行的に取り組む。

 広告主の企業は、神奈川県はUSEN、北海道は北海道テレビ放送に決定。小型車「bB」、ハッチバック車「カローラルミオン」、ステーションワゴン「カローラフィールダー」の3車種計65台を対象に希望者を募り、購入した新車の車体に広告を張りつける。

 安全運転で月200キロを走り、洗車をするなどの規約を守れば、広告の車体掲載から90日間で6万円(税込み)が手に入る。対象車の希望小売価格に対して3~4%程度の収入になる。

 車を使ったアルバイトという意味で「カーバイト」と名づけた。全国展開するかどうかは、試行の反応をみて決めるという。

 携帯電話料金などの支出がかさんでいる若者らが車を買いやすくする「値引き」といえる。客が車に付ける広告に対しスポンサーが報酬を払うので、トヨタは自ら値引きの原資を出さなくても実質的な売価を下げられる。

 08年上半期(1~6月)の国内自動車販売台数は前年同期比1.9%減の278万6170台で、3年連続で前年を割り込んだ。不振の国内販売を立て直す妙手として注目されるが、クルマ離れの背景には燃料価格の高騰もあり、「6万円」で若者のサイフのひもを緩められるかどうかは未知数だ。(福田直之)

クルマが売れないのは、クルマ自体に魅力を感じなくなった人が増えたから、なんじゃないの? クルマにかけるカネがあったら携帯電話料金に回すヤツばかりではないと思うけど、それでも持つだけで駐車場代や保険、税金などのカネがかかるものな。さらに、昨今のガソリン高騰でますますクルマを欲しいと思わない人は増えるだろう。

クルマを売る側が売上アップを図るなら、クルマに魅力を感じるヒトを多く育てるとか、尖らせたコンセプトだけど価格が安いとかしないとダメだと思う。いや、個人がそれぞれの好みを声高に主張する現代はそれやっても無理かな。

まぁ、焼け石に水だと思うけど、やることで世間の耳目を集めることができれば、とりあえずオッケー、ってところだろうか。

っていうか、当地北海道が試験地域でスポンサーがHTBか・・・。「水曜どうでしょう」のオフィシャルステッカーを貼っているヒトも結構見かけるけど、このサービスが導入されたら、トヨタの息が掛かるということになるのかねぇ。

ちなみに、アメリカでは同様にクルマに広告を貼ることでガソリン代が支給されて、その上毎月500ドルの収入が手に入る、なんてサービスが2001年から行われているそうだ。サービス導入当初はクルマが派手になるため、3人しか利用していなかったが今では順番待ちが出るほど、だという。

Cnn200806200013_3

ガソリン代ゼロ、さらに月500ドル稼いで車に乗る方法


ロサンゼルス(CNN) 高騰する燃料価格に悩む人々を尻目に、ミーシャ・ディ・ボノさんは毎日、ガソリン代を気にすることなく愛車のスポーツ用多目的車(SUV)を運転する。この車を運転するガソリン代はタダな上に、毎月500ドル(約5万4000円)の追加収入がある。その理由は、愛車が勤務先の「広告塔」になっているからだ。

ディ・ボノさんが勤めるインターネットの求人情報会社ジョビング・コムでは、2001年から従業員の車を「広告塔」にする制度を導入している。車全体に広告を描き、車のルーフに広告板を取り付ける代わりに、ガソリン代と500ドルを支給するもの。車は一見、非常に派手になるため、応募者が少なく、制度導入当初は3人しか利用していなかった。
ディ・ボノさんも、周囲から笑われたひとり。「ジョビング・モバイルだなんて、さんざんからかわれた。でも、今じゃあ『一緒に乗せて』と言われる」と話している。

実際、ジョビング・コム社でも、ガソリン代が値上がるにつれて、応募者が急増。現在では全米で働く270人のうち、約60%がこの制度を利用し、今年に入ってからは制度導入後始めて、順番待ちが出るほどまでになったという。

同社にとって、車1台を「広告塔」にするには、3─4000ドル(約32─43万円)の費用がかかる。しかし、車の行く先すべてで宣伝できることから、会社側は「効果は十分」と判断している。

ただし、この制度を利用するには、制限がいくつかある。まず、車が発売後3年以内の新しいものであること。また、運転者が安全運転して、交通違反の過去がないことが条件だ。さらに、運転中に他の車に挑発的なことをしてはならない。実際、スピード違反の回数が多いために、制度を利用できなくなった従業員もいるという。

ディ・ボノさんによれば、この数年でガソリン代は倍以上になったという。しかし、「会社が全部、支払ってくれる。この制度を利用しないなんて、もったいない」と感謝している。


やるならこれくらいドカーンとやってくれないと。
ただ、あまりに目立ちすぎると悪いコトができなくなるな・・・。競技車とか痛車とか、そういった派手なグラフィックを施したクルマがもっと一般的になったら、こんなサービスも普及するのかもしれない。

あ、プロじゃないけど競技志向のクルマ乗りで、クルマにも使っているパーツ、メーカーのロゴを貼り付けていて、広告収入を得ている人っているのかなぁ?

|

« お願いする(BlogPet) | トップページ | やべぇ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46814/41848423

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ必死だなー:

« お願いする(BlogPet) | トップページ | やべぇ »