« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010.12.30

ハッピーアイスクリームっ

私が「YMO教」に入信してから30年近くなる。払えるだけの「お布施」は払ったし、YMOをハブとしていろんな音楽を聴いてきた。でも、まだ信心が足りなかったようだね。

いつものように YouTube 漁りをしていたら、天才の細野晴臣さんと秀才の坂本龍一さんが、ほぼ同時期に同じメロディを書いたっていうブログを見つけたんだ。

http://ameblo.jp/yuuinvitation/day-
20101207.html

それによれば細野さんの「WORRY BEADS」と坂本教授の「THE END OF ASIA」の主旋律が全く同じってこと、しかもそれはYMOとして活動する前で、お互いにそれを認め合っている、と言うんだ。

だったら確かめてみようかいと1999年に出たベスト盤「経典」の「YMO GO HOME!」のライナーノートを見てみた。じっくり探してやっと見つけたよ。それにしても、CDのライナーノートに書いてある文字って小さいねぇ。老眼の始まりかぁ?


14.THE END OF ASIA の項で

「教授の『千のナイフ』に入っていた曲で、ワールドツアーでも何度かアレンジを変えて演奏していました。この曲にはすごく不思議な因縁があって、これと同じ旋律を僕も『はらいそ』の『ウオリー・ビーズ』と言う曲で使ったんです。時期もほぼ同じでYMO結成の少し前です。

これは、教授も書いたけど僕も書いたとしかいいようがないんです。最後のセリフが絶妙なので、今回のベスト盤でも最後を飾ってもらうことにしました」

なんてあった。
それじゃぁ聴いてみようかい・・・。・・・・・・、「YMO GO HOME!」に収録されているのは、YMOとスネークマン・ショーの合作(?)、25センチLP「x∞増殖」のトリを務める「THE END OF ASIA」じゃないの。民謡ぽいと言うか純和風というか、それにチャコポコサウンドを組み合わせたというか、そんなバージョンだった。してその最後のセリフなんが「はぁあ、日本は、いい国だなぁ」だった。


対して細野さんの「WORRY BEADS」はこれ。

そして坂本教授の「THE END OF ASIA」はこれ。


で、この二つを混ぜ合わせるとどうなるかと言うと、やっぱり世の中には奇特な方がいるもので、そういうのをちゃんと YouTube にアップしてくださっている。



必ずしも違和感ナシ、なんて感想は出てこないが、それでもこれだけ「乗っかっちゃう」んだよ。いやぁ、細野さんのソロアルバム「はらいそ」をも持っていて、聴いてはいた筈なんだけど、まだまだ甘かったなぁ。精進精進 と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.29

冬が始まるよ

冬が始まるよ
朝から降っていた雪も昼前にはやんだ。でも道路は真っ白ツルッツル〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.08

そんなのってアリ?

車検の相談のため、社長の工場へ顔を見せに行ってきた。と、そこまではいいんだ。

問題は帰り道。それなりに交通量のある道を泳ぐようにして走るんだけど、そこで見てはいけないモノを見てしまったような錯覚に陥ってしまった。

まぁ、個人の趣味なんだろうからあれこれ言いたくはないんだけど、それでもやっぱり言わせてほしい。

初代プリウスのトランクリッドにGTウィングってどうなのよ? 走りに振ったクルマじゃないのにこれって一体…。


写真に収められなかったのが残念で仕方ならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »