« Is it a Good Day? | トップページ | 職業訓練校からの手紙 »

2011.09.14

そりゃないぜ、社長

ここしばらくJR北海道に関する悪いニュースを見聞きしていない。それはただ単に私の目が節穴であって、実は何かしらのトラブルがあって報道されていて、それを私が見落としていた、というのならまだしも、そんなに全国的に報道されるようなニュースだったら、節穴みたいな私の目でも見つけることができただろう。あ、そう言えば悪いニュースも何件かあったような気もしてきたぞ。

でも、今現在のJR北海道があるのは、中島社長、あなたが陣頭指揮を執って、業務改善に尽力したからじゃないか? そしてそれは、責任の取り方として十分に立派だったと思う。

私が高校生の時に国鉄が解体され、北海道の国鉄路線はJR北海道がほとんどを引き継いだ。ただ、旧池北線はJR北海道発足後に第三セクターの北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線に生まれ変わり、平成18(2006)年4月に廃止された。

っと、ちほく高原鉄道のことはどうでもいい。ただ、高校卒業後の進路として漠然と考えていたJR北海道は求人すらなく、ガックリしたことを思い出す。父の仕事が国鉄~JR北海道だったし、当時住んでいたアパートの上階の人が車掌をやっていて、高校からの帰りに汽車で客室内に入らず、床から一段高くなっている乗務員室の椅子に腰かけていたら「お、学校帰りか? 寒くないか?」と言ってわざわざ暖房を入れてくれたこともあった。だから、素直に憧れた。


それから20余年。職業訓練でたった一駅だけどJRのお世話になることになった。その間には、追分駅の信号が変わらないとか、車掌が居眠りしていたとか、運転士も居眠りしていた、なんていう不祥事が続いたが、それでもやっぱりJRの電車、ディーゼルカーに乗れることは嬉しかったんだ。


中島社長、生きて戻ってきて。遺書がなんだ。「お騒がせしました」と謝罪会見すればそれでイイじゃん。

JR北海道社長が行方不明 きょう朝から、遺書見つかる


 2011.9.12 20:35

 JR北海道は12日、中島尚俊社長(64)が同日朝から行方不明になっていると明らかにした。関係者によると、中島社長の関係先から遺書とみられるものが見つかったといい、道警で行方を捜している。道警によると、中島社長の家族が同日、札幌東署に捜索願を出したという。

 JR北海道の関係者によると、中島社長は札幌市で妻と2人暮らし。本社に出社予定だった12日朝、迎えが着いたときには、既に行方が分からなくなっていたという。

 JR北海道をめぐっては、5月に石勝線のトンネル内で特急脱線火災事故を起こし、6月に国土交通省から事業改善命令を受けていた。中島社長は辞任はしないと強調し、陣頭指揮を執って再発防止に取り組んでいた。脱線火災事故以降も、快速電車の運転士の居眠りや、別の特急の天井から煙が出るなどトラブルが相次いでいた。

 中島社長は北海道出身。東大卒で昭和44年旧国鉄に入社、平成19年6月から現職。


« Is it a Good Day? | トップページ | 職業訓練校からの手紙 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そりゃないぜ、社長:

« Is it a Good Day? | トップページ | 職業訓練校からの手紙 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • エネルギー
  • カメラ・写真
  • グルメ・クッキング
  • ゲーム
  • スポーツ
  • テクノロジー
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 交通関係
  • 住まい・インテリア
  • 学問・資格
  • 心と体
  • 恋愛
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 環境
  • 経済・政治・国際
  • 自動車関連
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ