« 太陽風暴風警報? | トップページ | 我が女性遍歴 »

2012.02.01

スモール球切れ

日が暮れて帰宅ラッシュの時間帯。
ちょいと用足しにクルマを引っ張り出した。その用を足す間もエンジンを回しっぱなしにし、スモールランプを着けたままにしておいた。

用を足してクルマに戻ってきてようやく気が付いた。そう、運転席側のスモールランプが切れていることに。

Img_1093

装着しているのは、極一般的なウェッジバルブ、タイプ的には T10 ということになるのかな。その電球色丸出しの暖かな感じの色合いが好きで、私のクルマはヘッドライトのハウジングの中にそのウェッジバルブが取り付けられているんだけど、見る角度によって変わる光り方も好きなんだ。


Img_1094Img_1095Img_1097

そして、そのウェッジバルブ自体も、特に重大決心をしなければ買えないほど高価なものではない。っつか、むしろ安い。そして、スペア用にその規格に合う LED バルブも二つ、アジト内にあった。

ただ、そのスモールランプ、ウェッジバルブの交換がなかなかに手間なのだ。だって、まずフロントバンパーを外して、その次にヘッドライトハウジングも取り外して、それからようやくウェッジバルブがハマっているソケットを外さなければいけない。

これがヘッドランプバルブだったら簡単だ。ヘッドランプハウジングの後ろの防水ゴムを取り外し、コネクターを外して針金ロックを解除して、そしてそのバルブを抜き取って新しいバルブに取り換えればいいのだから。狭いスペースに手を突っ込む分、流血の可能性もかなり高いのだが、こればかりは仕方がない。それに、軍手をはめればそれで済む話だし。

で、これが暖かい時期であればまだ良いのだが、今は真冬。できることならやりたくない、ってのが本音だったりする。寒いと手もかじかんで、ウィンカーやフォグランプのコネクターをうまく外せるかどうかも怪しい。そして、スモールランプだけ、という状態も走る分には何の問題もないのだから。

だが、ちょっとの用足しでエンジン回しっぱなし、スモールランプを着けて待機、なんて時は、やっぱり片目だとおマヌケに感じてしまう。


さーてどうしようかなぁ。LED のウェッジバルブが計4つあるから、ヘッドランプ一体のスモールランプをそれに取り換えて、ハイマウントストップランプも(おそらく)同規格の電球が3発だから、その内2発を LED に変えようかなぁ、なんてことも考えていたりする。

ただ・・・、LED と電球とじゃ光り方、光の拡散の仕方も違うから、ヘッドライト一体のスモールランプがどういう光り方をするのかが興味深いとともに、ショボイ光り方だったら嫌だなぁ、なんて感じてしまう。そして、ハイマウントストップランプの3発の球の内2発を交換するとしても、その光り方は自分じゃ確認できないんだよね。

どうしたもんだろ。


PS
止まっているときはエンジン切れ? それはごもっともなんだけど、私のクルマは時代を先取りしたアイドリングストップ機能がついていて、それが思わぬところで作動しちゃうんだわ。ちょっとでも速度が乗っているときにそうなった時には、2速に入れてクラッチをドンと繋いで無理矢理エンジンを叩き起こすんだけど、完全に止まっているときにそうなってしまったら、キーを捻ってエンジンを掛けなくてはいけない。だけど最近、エンジンの始動性がやや悪くなってきている以上、予期せぬアイドリングストップ機能の作動は御免こうむりたい。という訳で、勘弁してけれ~。

|

« 太陽風暴風警報? | トップページ | 我が女性遍歴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46814/53880100

この記事へのトラックバック一覧です: スモール球切れ:

« 太陽風暴風警報? | トップページ | 我が女性遍歴 »