« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012.04.30

さくら さくら

花は桜木、人は武士、柱は檜、魚は鯛、小袖はもみじ、花はみよしの

一休さんの言葉らしい。


さて、桜前線もどうやら北海道に上陸しつつある模様。私はあまり、桜の下でジンギスカンを食う、なんて北海道の風習(なのか?)はあまり好きじゃないんだけど、でもやっぱり思い出すんだよね。父の職場の同僚家族と連立って静内の二十間道路へ行って宴会、なんてのを。

春とはいえ、まだまだ日が陰ると寒いんだよ。
おかげで、そんな宴会が終わって帰るころにはすでに体調不良になっていたり・・・。それにしても、酒を飲んだ後でいくら酔いを醒ましたとはい(以下略)。


ただ、最近になって思うんだ。
今の日本があるのは、命を賭した先人たちのおかげなんだって。そして、今の日本はその先人たちが見てもらうのに相応しい社会なのか、世の中なのかって。

ここの所、バカな若い奴が運転免許を持たずに自動車を運転し、罪のない人を轢くという事件をよく見聞きする。そのバカな若いヤツや、そいつを育てた親は、生まれてくる時期が遅過ぎたんじゃないか。大東亜戦争中だったら、艦にぶち当たって敵兵を殺しても、それは名誉の戦死と捉えられるだろう。

殺す相手が違うよ。
敵でもない、そしてホントに罪のない幼い子供やお腹に命を宿した女性を殺してしまうのは、結果がどうあれ、手段が何であれ、許される筈はない。大体、運転免許を取ってちゃんと安全運転を心掛けている人だって、ひょっとしたら人を殺してしまうかもしれない。そして、そんな事故を起こすのは、次は私かもしれない。

そういう想像力ってないのかねぇ。それとも、自動車の頭が良くなり過ぎた分、運転する人間に技量をさほど求めなくなった弊害なのかねぇ?

何でさくら? 大東亜戦争後期に、さくらの名を冠した人間ミサイルが存在したんだよ。
自動車を運転する資格のないヤツが自動車を運転して人を殺すんだったら、その人間ミサイルに搭乗させて国のために死んでもらった方が良かったんじゃないのかって。

それとも、先人たちの犠牲とバカな若いヤツの犠牲になった人をネタにして、こういうネタをアップする方が不謹慎なのかな?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.29

早過ぎる進化

私の現在のインターネット接続環境は @nifty EMOBILE G4 の Pocket Wifi によるものだ。一応、下り最大で 42Mbps という速度ということになっているんだけど、最近、なんかクリックしてから反応するまでのタイムラグや、ダウンロード速度も少しばかり遅くなったような気もする。ひょっとして、思いの外近くに EMOBILE G4 の Pocket Wifi を使っている奴がいて、その分速度が落ちているのかもしれない。でも、少し前に「通信プロトコルを変更せよ」という通知が来て、その通りにしてからは、それまでできなかったことも一応はできるようにはなった。だから、とりあえずは不満もない。

不満はないんだけど、いつの間にか @nifty EMOBILE LTE なんてのが出ていて、それによれば、使い始めて24か月間は私が使っている EMOBILE G4 よりも少し高い値付けになっているのだが、それ以降は、EMOBILE LTE の方が安いのだ。しかも、EMOBILE LTE は下り最大 75Mpbs なんて謳われている。

Default_image_4

@nifty EMOBILE G4 定額にねんプラン@nifty EMOBILE LTE 定額にねんプラン
月額料金
(通信料)
4,200円
キャンペーンにより機器到着月0円
+2カ月目以降、24カ月間3,217.2円
3,878.7円
機器到着月0円
@nifty基本料金
262.5円
262.5円
機器到着月翌月より24カ月間0円
月額費用合計(税込)
4,462.5円
4,141.2円

何でもそうだけど、後から出た物の方が性能が良くて安いんだよな。少々癪だけど、まぁ仕方がない。救いと言えば、紹介のサイトの提供エリア2012年6月までに東名阪主要都市の99%をカバーする予定って文章で、当地はまだサービスのエリアに入っていないってこと。

と思い、@nifty EMOBILE LTE のサービス提供エリアの詳細を見てみたら・・・、入ってんじゃん。うーん、2年縛りだしなぁ。2年経ったときにまた考えるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.28

クリニックにて

引きこもりに近い状態だと、時の移ろいも忘れてしまいそうになる。

そうなんだよね。もうそんな時期、なんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こ、これは・・・

以前、私のクルマの主治医の工場に遊びに行った際に、社長が珍しくキャラメルをくれたことがある。なんか顔がニヤニヤしているから、いやーな予感を感じながらも口の中に放り込んだら・・・、何とも形容しがたい味だった。それはジンギスカンキャラメル。北海道の「いやげもの」として、一時期結構話題になったと記憶している。

で、社長にそのキャラメルを3つ4つ貰ったのだが、1つでさえ完食できなかった。シゴト場に行き、最初にあった人に「知人からの頂き物なんですけど、いかがっすか?」と勧めてみたら、案の定、表情がだんだん険しくなっていって「ゴメン、もう食えないわコレ」とティッシュに吐き出されたっけ。

そういうジンギスカンキャラメルに似た雰囲気の新商品の予約販売が始まったとのことでご紹介。

世界初、関さばで作った鯖のみそ煮を再現したガムを発売


Webサービス開発のエスは、贅沢な鯖のみそ煮を再現した世界初の「鯖みそガム」の予約販売を自社サイトにて開始した。

001

このガムは、高級ブランド魚として知られている「関さば」と全国各地の有名みそを掛け合わせて作った関さばのみそ煮を再現。八丁みそをはじめ、江戸甘みそ、北海道みそ、秋田みそ、会津みそ、三州みそ、越後みそなど数十種類の全国各地の有名みそを掛け合わせ、こだわりのみそ風味にした。

味を再現しただけでなく、青魚に多く含まれるDHAをたっぷり配合。日本人に愛される家庭料理と受験生を応援するDHAがいっしょになった製品だ。

一度食べたら二度と忘れられない味わいも特徴だ。場を盛り上げるパーティグッズやジョークグッズが好きな方への贈り物、受験勉強やテスト前の追い込み中の眠気覚ましなどにおすすめ。10粒入500円。

物は言いようだな~。一度食べたら二度と忘れられない味わいってあるけど、そりゃそうだろうよ。間違ってもやめられない、とまらない、なんて書けないと思うもん。ふつーの鯖のみそ煮だったら特に嫌いって訳じゃないけど、それを何でガムで再現する必要があるのか、その企画を出して、通した人の顔が見たいなー。

いや、既存のものを合体させることで新しい価値を生み出すのがイノベーション、ということらしいんだけど、ちょっとこのイノベーションというか、コラボレーションというか、なんにせよ、この強引な合体技は、場を盛り上げるパーティグッズやジョークグッズが好きな方への贈り物というより、むしろ罰ゲームみたいな感じを受けるんだけど。受験勉強やテスト前の追い込み中の眠気覚ましなどにおすすめに至っては、ホントにその役目を果たすのかどうか、怪しい気もする。

誰か、毒見インプレッションしてくれないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.27

一人のクルマ好きとして・・・

私は物心がついたときにはもう、クルマが好きだった。育ったところがドド田舎だったため、その集落を貫くメインストリートでさえ、クルマ通りは多くなかった。だからなんだろうか、走っているクルマの名前を全て言えた。ドド田舎からド田舎に引っ越し、街を貫く道のクルマ通りは圧倒的に多くなったが、それでも全てのクルマの名前が言えた。大体その状態は、高校を卒業し、専門学校に入って何とかそこも卒業し、社会人になって自らのクルマを手に入れてしばらくは、続いた。

現在は現行車に食指を動かすようなクルマがほとんど無くなったこともあって、パッと見ても分からない、そんなクルマも増えた。が、それでも大抵のクルマの名前はまだイケそうではある。

そして、今持っているクルマに乗るようになってから、縁あってアマチュアレースの世界に足を突っ込むことになった。が、ウデやクルマに掛けるカネのこともあり、出場したクラスではいつも最下位かブービー、なんて成績だったが、それでも走っている時はそれに没頭できたし、何度も参戦していれば顔見知りも増える。仮に知らない人であったとしても、「おはようございます」は当たり前だった。話が弾めば三味線の弾き合いとなったりもしたが、それはそれでまた面白くもあった。

だが、そんな気の良い「仲間」と思っていた人の中にも、「腐ったミカン」が存在した。自分の順番が来るまで待機する場所をパドックというが、そのパドックの中を猛然とダッシュしてクルマの調子を見る、なんて人がいたのだ。知人はその人に向かって一喝したのだが、その人はやっぱり、なんかほかの参加者とは雰囲気が違っていた。運転も上手いのかもしれない。メンテナンスも自分でできるのかもしれない。だけど、その人が醸し出す雰囲気は、どう贔屓目に見ても珍走団の一人、悪く言えばクソヤンキー、としか感じられなかった。

まぁ、アマチュアが参加するサンデーレースだから、特に背負っている看板もなければ、そんな無法もその人だけのものだと判断ができる。が、たとえ貰い物でもクルマにステッカーを貼ったら、貼った人の思惑はどうであれ、看板を背負うことになってしまうのだ。これが全国的なタイヤメーカーだったり、誰もが知っているオーディオメーカーなどのステッカーだったらまだイイのかもしれない。が、それがその人と親しくしている小さなショップ、例えば街のタイヤ屋さんだったり、知り合いの酒屋だったり、のステッカーだったとしたら、その人の無法でその店の看板に泥を塗ってしまうことになるのだ。

それが走る広告塔のような、色んなメーカーだったりショップだったりのスポンサーのステッカーがこれでもか、と貼られるようなF1やWRCを頂点とするレースマシンだったら、テレビや雑誌などの媒体に映れば儲けもの。仮に映らなくたって、細かく見ている人にとって、そのスポンサーロゴは印象に残る。しかも良い印象として。だけど、そういうステッカーをべたべた貼っている「広告塔」が何か変なことをやらかしたら、そのステッカーを提供した企業、店に間接的に悪い印象を与えてしまう。

私のクルマにもそういうステッカーをいくつか貼っているけど、やっぱり悪いことはできないもんね。年が取って枯れたせいもあるかもしれないし、完全クローズドの競技会場で自らやクルマの限界を知ったことで、無理をしなくなった、ってのもあるかもしれない。

競技会での成績はホントに下から数えた方が手っ取り早いくらいの私だけど、その辺りのことはわきまえているつもりではある。が、私より上手いと思われる人が色々なステッカーを貼ってクルマを飾りたてていて、その手のイベントからのクルマの搬出時に色々な無法をしていたらどう思うだろう?

「あー、あの人バカねー」で済むだろうか。やっぱりその人やそのクルマを作るのに手伝ってくれた企業やお店にとってマイナスイメージにならないだろうか。

まぁ長々と書いてしまったのは、その理由としてこういう動画を見てしまったから、なんだ。

これらの動画は知人が紹介してくれたものと、その関連動画なんだけど、その知人繋がりでいろいろリンクを辿ってみれば、そんな行為に対して関係各所には詫びを入れたけど、あんたは何様のつもりだ、と半ば逆切れみたいなことを書き込んでいる「関係者らしき」人がワラワラと出てきている。それがここ

動画ではイベントのスタッフらしい人が静止に入っているけど、そんなことなんてお構いなしで、激しい空吹かし、バーンナウト(タイヤの空回し)、テールスライドなんかもさせている。その行為をそのまま街の道路に持って来たら、それこそ珍走団の出来上がりだ。

で、その仲間の一人ってのが、D1なるドリフトの派手さ、きれいさ、美しさを競う競技のプロドライバーで、しかも公道でそんなことをやった挙句に逮捕歴もあるという・・・。同じカラーリングのクルマが次から次へと出てきては、空吹かし、バーンナウト、テールスライドをさせている。して、その同じカラーリングのクルマを操っている人の一人に、公道での共同危険行為での逮捕歴があるという。

そんな人の仲間にも言い分はあると思うけど、傍から見ている分には逮捕歴がある仲間と同類としか思えないんだよね。そんな彼らに有名無形の援助をしていたであろう各種スポンサーだって「こんなことをされるんだったら」なんて思うんじゃないかしら? それとも、悪名は無名よりも良い、なんて考えもあるのかな?

でも、スポンサーにとってもイメージダウンはまぬがれないんじゃない? D1の関係者にとっても痛いんじゃないのかな? いくら関係各所に詫びを入れたとしても、片方で逆切れみたいな、恫喝じみた書き込みをしていたら、業界から完全追放されても仕方ないんじゃないの。


そういえば以前、こういうことがあったね。
走行中に助手席の人と話しながら、ビデオを回していたら、嫌がらせをして来た挙句に当て逃げしたって事件が。で、そういう鮮明な証拠画像を警察に持ち込んでも、警察は動いてくれなかった。ならばってんで YouTube にアップしたら、ネット上の情報収集能力に長けた人たちがその当て逃げした車の所有者を洗い出し、その所有者が勤める会社に電話攻勢をかけたとか、所轄の警察にも抗議の電話を入れたとか・・・。それで某テレビ局がその所有者にインタビューをするも、「代車として貸していた」だの「貸した相手の連絡先は知らない」なんていう苦しい嘘をつきまくり、結局逮捕されたんじゃなかったっけ?

今だったら、スマートフォンの動画機能を使うことでドライブレコーダー代わりになるし、ドライブレコーダーだって安いのになれば諭吉さんでお釣りがくるのが売っている。どこで誰が見ているか分かったもんじゃない世界となりつつあるけど、それでも胸を張って、何も悪いことはしていない、なんて言える運転をしたいなぁ、とは思うよ。あ、でも、主要幹線道路だったら交通の流れに乗ったら必然的にスピード違反になっちゃうんだけど、それはどうしましょ? 確か、道路交通法には「円滑な交通を妨げてはならない」なんて文がなかったっけ? ・・・・・・しばし検索。あー、道路交通法第一条に「この法律は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り、及び道路の交通に起因する障害の防止に資することを目的とする。」なんてあるわ。法律って読んでいてイライラするものばっかりなんだけど、自動車乗りとしてはこれだけでも知っておいて損はないかもしんまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.26

地球温暖化説に黄色信号?

地球が温暖化している、というのはデータから見ても明らかなようだし、それに二酸化炭素の増加が関与している、なんていう説もまた一般的には知られている。が、科学雑誌のムーを長い間購読していると、中には地球温暖化説に思いっきり冷や水をぶっかける説を展開している記事なんかも掲載されていて、「へー、こんな考え方もあるんだねぇ」と新たな視点を提供してくれている。と同時に、「常識」という枠で縛られているという事実をも示してくれている。

だから、例えばこの僻地ブログで引用する記事だって、その記事を 100% 信用している訳じゃない。だって、それは新聞記者の人が、「新聞記者」というフィルターを通して記事にしたものであって、自分の目で見た物事じゃないから。だから、このブログからのリンクは貼っていない、HTML 言語の実験場、あるいはちょっとしたファイルの置き場として持っているサイトには「書かれていることがすべて事実であるとは限らない」なんて逃げを打っている。「書かれていることを参考にして何か不利益をこうむっても、私ゃ知らないよ」と念を押している。このブログだって、大体は同様なスタンスだ。違うことと言えば、それは自分の生活の記録だったり、未来の自分へ向けてのメッセージだったり、なんてことぐらいか。最近は、あまりここに相応しくないようなネタを連発しているので、(仮に固定の読者がいらっしゃるとして)鼻をつまんでいる人もいるかもしれない。何もレスポンスがないのは、呆れ果てて見放されたか、何を言っても無駄だと思われているのか(苦笑)。

じゃ、タイトルの通りのトンデモなネタに行ってみよう。

2012年4月23日 13:50 (ナショナルジオグラフィック)
太陽活動に異変、地球寒冷期の前兆か?


この記事のトピックス:気象

 国立天文台と理化学研究所などの国際チームは19日、太陽極域の磁場にこれまでの活動周期とは違った現象が観測されたと発表した。地球に寒冷期が到来する兆候にも似ているという。

 太陽には南北両極にプラス極とマイナス極があり、約11年周期で同時に両極の磁場が入れ替わる(反転する)。現在の太陽は北極がマイナス極、南極がプラス極となっていて、次回は2013年5月の太陽活動の「極大期」(太陽の黒点数が最大になる時期)と同時に反転すると予測されていた。

 ところが今年1月の太陽観測衛星「ひので」の観測で、北極では約1年も早く、反転に向けて磁場がゼロ状態に近くなっていることが分かった。しかし、南極では反転の兆しはみられず、依然、プラス極のままだ。その結果、北極と南極がともにプラス極となり、赤道付近に別のマイナス極ができるような、太陽全体の磁場が「4重極構造」になる可能性があるという。

※この記事は サイエンスポータル で配信された記事の転載です。


著作権はブロードメディア株式会社及びナショナル ジオグラフィック協会に属します。
© 2012 Broadmedia Corporation/National Geographic. All rights reserved.

・・・、書かれていることはよく分からんが(木亥火暴)、それまでになかった現象が観測された、寒冷期が到来する兆候に似ている、ということはまぁ理解した。

宇宙的な視点で見れば、その太陽の現象も単なる一時的な揺らぎ、なのかもしれないし、書かれているように寒冷期が到来する前触れなのかもしれない。もし寒冷期が到来するのであれば、声高に叫ばれている地球温暖化はどうなるの? まさか、温暖化と寒冷化がうまい具合に釣り合って、今までにない平穏な地球、なんてことになったり?

ただ、そのことによって世界がどう動くのかがさっぱり分からないんだな。「4重極構造」になったら、太陽がどう変わって、その結果地球がどうなるのか、その辺が想像できないんだよ。

地球温暖化がこのまま進んだら地球はどうなる、ってことなら少しは書けるよ。
日本の食糧庫、北海道でリンゴの代わりにミカンが取れるようになり、食糧庫として北海道の役割がより重要になる、なんて感じで。元々寒かった北海道でそれなりに美味しいお米が収穫できるようになったのはそんなに昔のことじゃない。私が小さい頃は、あまりご飯が美味しいとは思えなかったしね。ところが今や、コシヒカリやササニシキにも勝るとも劣らない触感のお米が取れるようになり、ブラインドテストをしたら結構な割合で北海道米を選んだ、なんて話だって見聞きした覚えがある。

そんな温暖化を視野に入れ、南国の食物を北海道でも栽培できないか、という取組だってされていたようにも思うし。ただ、それらのソースを示せない、探せないというのは残念な話ではあるんだけど。

で、ホントに地球寒冷期が来たらどうなるんだろう? 元々寒かった北海道はより寒くなり、暖房で燃やす灯油の量も増えて、二酸化炭素の排出量も増える? それまで取れていたお米もなかなか取れなくなり、食糧庫としての役割が軽くなる? それくらいしか想像できないなぁ。

まさか、海面の低下によって日本海の北端と南端が陸続きとなって、日本に不法移民がわんさと押し寄せる、なんてのはゴメンだな。ただでさえ、日本の人口の減少率が高くなりつつあり、少子高齢化も相当なものになって、限界集落なんかも消滅するところもかなり出てきそう。そんな状態で不法移民が押し寄せたら、日本の治安はより悪くなり、凶悪犯罪なんかも増えるんじゃないかと想像するんだけど、実際のところどんなもんだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.25

さすがに助け舟は出せないっしょ

田中眞紀子元外務大臣のダンナ、田中直紀防衛大臣に参議院で問責決議案が出され、可決された。まぁ、そこまでは分かるけど、この参議院からの「レッドカード」だけで「退場」しなくちゃいけないの? ひょっとして、もう一段階何らかの手続きが必要だったり? いや、退場するならさっさと退場して欲しいもんだけど。

「一刻も早く代えないと国が持たない」 防衛相問責で石破氏


2012.4.22 19:43 安全保障

 自民党の石破茂元防衛相は22日、大分市で講演し、参院で問責決議を受けた田中直紀防衛相について「面白おかしくて可決したわけではない。一刻も早く代えないと、この国は持たない」と、早期辞任を求めた。

 また、民主党政権の安全保障政策に関して「完全に無責任。完全に知識がない。だから田中さんが防衛相になっても誰も不思議がらない」と批判した。

適材適所なんて言葉があるけど、田中直紀防衛大臣は少なくとも防衛に関してはズブの素人としか思えなかった。防衛大臣の「適材」とはどうしても思えなかった。一体何を考えて野田総理は防衛大臣に田中直紀氏を選んだんだろう? スブの素人でも勉強したらエキスパート、スペシャリストにでもなれると思っていたのかしら?

適材だったら、今は野党の自民党の妖怪顔ゲル・・・、石破茂元防衛大臣の方がかなりレベルの高い防衛意識を持っていたと思う。マニアとか軍ヲタとかいうなんて言葉があっても、ゲル・・・、石破氏にとっては、ストレートに褒め言葉としか受け取れなかったもんな。

っつか、今の民主党の中で、適材適所な人ってどれくらいいるんだろう? 民主党に政権が渡った時に最初に総理になったのは鳩山由紀夫氏だっけ? ちょうど実家が選挙区なんだよなぁ。なので、北海道や日本のために尽力してくれるものだと思っていれば、口から出まかせ出放題で、まとまりかけたものをぶち壊すという、特技を如何なく披露してくれた。で、鳩山由紀夫氏の奥さん、鳩山幸さんは、私が長年読んでいる科学雑誌 ムーで各界の著名人と、普通の所で話すのは憚られるような対談をしていた。まぁ、それだけならばまだ良いんだけど・・・、特 亜 三 ヶ 国の某国に対して造詣が深く、その某国の芸能人を家に招いて手料理でもてなすこともしていたらしい。って、その家って首相官邸だろが。

奥さんがその某国かぶれなら、ダンナもある程度は影響されるよね。・・・・・・、ダメじゃん。

次に総理大臣になったのは菅直人氏か。むかーし厚生労働大臣だった時に、O-157 騒動があって、カイワレ大根が犯人なんじゃないのか、なんて風評被害が出た。その時に「カイワレ大根は安全です」と言ってもっしゃもっしゃ食べた人、なんてイメージを持っていて、そこそこイイんじゃね、なんて思っていたら、去年の3月11日以降、思いつきで行動し、怒鳴り散らすだけ怒鳴り散らして、事態の収束を著しく滞らせた無能な指揮官、なんてイメージが定着しちゃったよ。

それに、偽名の篤志家が伊達直人と名乗って児童養護施設にランドセルをプレゼントした、なんてタイガーマスク現象が一世を風靡したけど、その大災害の後に避難所を訪れて、確か幼女が持っていたランドセルを指さし「それはなんとか直人さんがくれた物なの?」なんて感じで問うたみたいだけど、そんな報道を見聞きして、なんかもう、うぁぁ、というか、何なのこの人、なんて感じで、イメージは悪くなる一方だった。で、管さんが総理大臣をやっている時に、何か他のことやったっけ? 東京電力のエライさんを怒鳴り散らすイメージしかないんだよなぁ。

その次が野田さんか。野田さんは何かやったの? 何か発信したの?
社会の底辺でうごめく人間には分からないようなことを水面下でひっそり行っているのかもしれないけど、たとえそうだとしても、私には何もやっていないようにしか見えないんだよね。

卑近な例として、私現在求職中の41才。ハローワークで求人票を見たら、若年者トライアル求人、なんてものがあった。ちょっと前まではその適応が39才までだったが、(確か)この春から44歳まで年齢制限が引き上げられた、と聞いた。が、その代り、同一の事業所から3年以上継続して雇用保険を掛けていた人はダメよ、なんて条件も付いた、そうだ。なんだ、結局ダメじゃん。

でも、一応、新しいセーフティネットを作ろうとしている、あるいは作っているってのは、素直に嬉しいと思うんだけど、それは民主党政権になってからできたものなのか、それとも自民党政権時代に骨組みを作っておいて、効果を発揮し出したのが民主党に政権が移ってからなのか、その辺もちょっと分からないなぁ。

ただ感じるのは、与野党ひっくるめて、もう国会議員の中で骨のある人、リーダーシップのある人ってどれくらいいるんだろう? ひょっとして、世襲議員とか、たまたま運良く当選してしまった人とか、そんな感じの人ばかりのように思うんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.24

ふざけんな! だったらヒグマと生活してみろってんだ

Img_0504札幌市の住宅街に出没して、特に人を怖がる様子もなかったヒグマを射殺したことがテレビニュースで流れ、それを見た人から札幌市に苦情の電話が100件近く入ったらしい。

ヒグマ射殺の様子をテレビが放映 「なぜ殺す」と札幌市に苦情100件


2012年4月23日(月)19時6分配信 J-CASTニュース

札幌市の民家近くに2、3歳と思われるオスのヒグマが一頭出現し、北海道猟友会のハンターが猟銃で駆除した。この様子がテレビのニュースで流れたことがきっかけで、札幌市役所には100件を超える電話が入り、その大半は「なぜ殺した!」という苦情だった。

札幌市役所では、本州に生息するツキノワグマに比べてヒグマは比較にならないほど巨大で凶暴なため駆除してきたが、これからは山に追い返すなど別の対策を検討しなくてはいけない、と頭を抱えている。

泣きながら訴える女性など100件以上の電話

駆除されたヒグマは体長が135センチ、体重が120キロほどだった。2012年4月19日、里に降りてきたことが確認され、翌20日の午前6時ごろには民家から約20メートル離れた林の中にいた。人を怖がる様子はなく、このままでは住宅街に進入する心配があると判断し射殺した。この日、近隣の小学校では子供に親が付き添って登校させる姿が目立った。

ヒグマが射殺される様子を20日に複数のニュース番組が放送したところ、直後から札幌市役所の電話が鳴り続けた。環境局みどりの推進課だけでこの日60件近くあり、これまでに100件を超えているという。メディアからの問い合わせを除くと全てが苦情で、

「なんで殺したんだ!」「山に返せばいいだけなのに」
といったものに加え、

「何も悪いことをしていない若いクマなのに・・・」
と電話口で泣く女性もいたという。全ての内容を細かく調べてはいないが、苦情は札幌市内からのものではなかったようだ、とみどりの推進課では話している。

北海道でヒグマを前年度785頭駆除

みどりの推進課によれば、ヒグマは大きいものになると体長が3メートル、500キロもあり非常に凶暴だ。小熊であったとしても人を恐れない場合はやがて大きな被害をもたらす可能性があるため射殺してきた、という。しかし、今回のニュース映像がショッキングに受け止められ、苦情が多数寄せられた。これからはすぐに殺したりはせず、山に追い返すにはどうしたらいいのかなどの検討を始めているという。

北海道警察の調べによれば、2011年度の北海道でのヒグマの捕獲数は785頭で、調査を始めた55年度以降3番目に多い数字となった。目撃数は1240頭だった。

里に降りてきたクマの捕獲については、ニュースが流れるたびにネットで論争が起こる。以前は「可愛いから熊を殺さないでほしい」という意見も多かったが、今回の札幌に関しては「やむをえない」がネットでは主流になっている。

もし、こういった苦情を入れた人が札幌市民、北海道民だったら、今すぐに北海道から出て行った方が良いんじゃないのか、なんて思うよ。そして、北海道民でもしそういう考えを持っているんだったら、何も考えずにキタキツネに触ってエキノコックスに感染したりしたりしても、自業自得だと思う。

いくら小さくたって、ヒグマはヒグマ。
小さいから、人を恐れる様子がないからと不用意に近づいたとして、そこでその小さいヒグマがじゃれついてきたら、人はどうなる? 命に関わるほどの大怪我をしないとも限らないんだぞ。それに、ヒグマは頭が良い。人里に下りてきて、例えば残飯、生ゴミで簡単に空腹を満たせると覚えたら、絶対に次も来るぞ。ある程度以上成長して、丸腰の人間を襲うことを覚えたら、それこそ大惨事になるぞ。実際に昔の北海道でそういう事件、っていうのかな、もあったと聞いている。

山に返したって意味がないんだって。人を恐れないヒグマを山に返したところで、絶対にまた人間のテリトリーに入り込んでくる。

少なくとも、札幌市周辺でヒグマを共存なんて絶対に無理なんだ。これが知床のようなところで、お互いに存在を認め合い、それなりの信頼関係を築けるんだったらまだいいよ。でも、人口が200万人になろうとしている北の都に日本国内最大の猛獣が現れたらどうする? 対処の仕方も分からない人間が多いだろうし、その人間を襲うことで人間の味を覚えたら、もう手の付けようがない。

Kc350022これがシカのような草食動物だったら、仮に住宅地に迷い込んでも、警察官や市の職員が大わらわになって、「そっち行ったぞー」なんて怒号が飛び交い、傍から見ている分にはそこそこ微笑ましいというか、おマヌケというか、面白いニュースだなー、なんて思うだけで済むんだけど、それがヒグマとなると相当ヤバい。

立ち上がったら身長3メートル、走って逃げようにもヒグマの方が足が速い。そして、ヒグマのフックパンチを喰らったら、その部分の皮膚がベロリとめくられて、大量出血に陥る。それでも助かるならばいいさ。かなりの高確率で助からない。

先にも書いたように、ヒグマは頭が良い。だったら、人間のテリトリーに入り込むことは死に繋がる、ってことを理解することもできる、と期待したい。

え、可愛いから熊を殺さないでほしいだ?
だったら、その可愛い熊と一緒に暮らしてもらおうじゃないか。そういえば先日、秋田県のクマ牧場で女性従業員が2人、襲われて亡くなったよね。ヒグマは北海道固有の種であるから、秋田の件は多分ツキノワグマだろう。ツキノワグマでこうだよ。ツキノワグマよりも大きいヒグマで同様な事件が起きた場合には、おそらく薬物中毒で刃物や銃を持った凶悪犯が逃げ回っている、なんて感じとほぼ同じ対応を取らないといけなくなるぞ。

まぁ、去年の秋にも札幌市内やそのほかの人里近くでのヒグマ出没事案が相当数あったけど、その裏には食料とする木の実の凶作、なんて要因もあったようだ。それでもまぁ、冬眠には入れたんだろう。だけど、その長い眠りから覚めると、やっぱり腹が減っているだろう。しかし、山の中にはまだ食料らしい食料も見つけられないんじゃあるまいか。

だからと言って、人間のテリトリーに入り込むのは、ヒグマにとっても危険だってことを、こういうことがある度にしっかりした対応、すなわち「射殺」してもらわないと、ヒグマにとっても人間にとっても良い結果にはならないと思う。っていうか、何も知らないのに「なんで殺したんだ!」や「山に返せばいいだけなのに」、「「何も悪いことをしていない若いクマなのに・・・」なんていう権利もないような気がする。

そんな、ハッピーでお花畑が広がっているであろう頭の持ち主に、毎年害獣駆除で相当数のエゾシカを射殺している、なんて事実を知ったらどんな反応を示すんだろう。数が増えすぎたせいで、山の生態系や植物などにもダメージを与えているので、仕方なく、なんて感じだったと記憶しているんだけど、さて・・・。

それとも、エゾシカやヒグマを射殺することは人間のエゴかい?
ヒグマだって人間が怖いんだよ。だから、山歩きや登山なんかをする人は、クマ除けのための鈴やラジオを鳴らして自らの存在をアピールすることで、ヒグマを近づけないようにしている。でも、山の中はヒグマのテリトリーだから、いくらそういうアピールをしていたとしても襲われてしまったら、それは運が悪かった、としか言いようがないな。

また、テレビを見ていると地震速報や気象情報と同じように交通情報のテロップが流れる。冬場だったら吹雪のため、ってのが定番だけど、たまーに「動物侵入のため」なんてテロップが流れることもある。十中八九シカが高速道路を我が物顔で走り回っているため、なんだろうけど、それがヒグマだったら怖いなぁ。

いや、クルマで走っていてシカとケンカしてクルマ全損なんてネタを持っている人を数人知っているけど、ヒグマとケンカしてクルマ全損、というのはあまり聞いたことがない。あ、去年の秋にクルマが傷つけられた、なんてニュースがあったかな?

ヒグマの射殺で札幌市に苦情の電話を入れる暇があるんだったら、イノシシの駆除でも同様に苦情の電話を入れているんだろうか? 別に知りたいとは思わないけど。

それにしても、ホント、バカばっか。


PS
北海道の大学に入った本州以南の人に向かって、地元の学生が飛ばすジョークとして「お前クマ保険入ったか?」なんていうのがあるそうだ。真剣なまなざしで言うから、結構な人が引っかかるそうだけど、市街地にクマ出没、なんてことが頻繁に起きるようになったら、あながちジョークでは済まされなくなるかもしれないな、


PS2
一応、ヒグマって漢字で書くとどんな感じなのかを下に書いておこうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.23

謎のラジオ放送?

「謎」って言葉には弱いなぁ。
「隠された」とか「裏」等という言葉と同じように、「そこに何があるんだろう」「そこに何があったんだろう」なんて妄想を巡らせると、その妄想の玉は斜面を転がり落ちる雪玉と同じようにどんどん大きくなり、私が持つ資質の一つ「ヘタレなオカルティスト」の血が騒ぐのだ。

さらに「ラジオ放送」なんてくると、今度は20年近く購読している無線情報誌方面でのアンテナが反応する。その二つの言葉をくっつけて「謎のラジオ放送」とし、発信元が北朝鮮となったら、そのアンテナの反応はさらに強いものとなる。

北朝鮮で異変!ラジオ突然中断の怪…謎の音楽番組が意味するもの


2012年4月21日(土)17時0分配信 夕刊フジ

 北朝鮮が日本語で放送しているラジオ「朝鮮の声放送」が20日午後、突然中断し、奇妙な音楽番組に差し替わったことが分かった。約60年の歴史がある放送で、アナウンサーが消えるのは極めて異例。一時は「北の内部で異変発生か」など憶測が飛び交った。

 朝鮮の声放送はAMラジオと短波ラジオの複数の周波数で午後4時~10時まで放送。翌朝の午前6時~9時まで再放送している。放送は録音とみられ、政治宣伝が最大テーマ。リスナーは、主に情報収集を目的とした関係者とマニアが中心だ。

 通常の番組編成は放送開始の合図が流れ、男性と女性のアナが交互に「朝鮮の声放送です」とアナウンス。その後、「金日成将軍の歌」などが流れてニュースが続くパターンが、ここ20年定着していた。

 だが、20日午後4時の放送はアナが出演せず、国歌が流れた後でポップな曲が続く不思議な音楽番組に差し替わった。

 この異常事態に、リスナーの間では「金正恩第1書記の一声で、朝鮮中央放送委員会日本語部が大幅な粛正を受けたのか」「大物が急死か」などの憶測が乱れ飛んだ。

 2時間後、ようやく放送は通常体制に復旧。対外情報機関の関係者は「長い歴史で、テープの掛け間違いで前日と同じ放送が流れたり、電力事情から電波が停止するケースはあったが、番組自体が差し替わるケースは極めて珍しい」とし、「機器の故障ではない」と推測する。

 日朝関係筋は「19日の労働新聞に長すぎる正恩氏の談話が掲載された。正恩氏の言葉だけに、ニュース原稿でどの部分を抜粋して日本語訳するかに時間がかかり、放送時間に間に合わなかったのではないか」と読む。

 朝鮮中央放送でもミサイルを発射した13日、正恩氏の肩書を「国防委員長」(正しくは国防委員会第1委員長)と間違えてアナウンスしたばかり。王様の代替わりで、北のマスコミもタガが外れてしまったのか。

朝鮮の声放送か・・・。私の枕元にある30年前のトランジスタラジオでも聞けるかなぁ? 周波数は中波だと 621kHz か。ふむ、特に隣り合っている周波数もないから、聞こうと思えば聞けるかな? ただ、耳での検波だとちょっと不安も残る。あー、バブルの頃に作られてカセットデッキが使い物にならなくなったラジカセだったらダイジョブかな? 一応、テレビの1チャンネルから62チャンネルまでの音声も聞くことができたけど、地上デジタル放送になってしまった現在じゃ、テレビ放送の音声だけを受信することはできなくなった。が、周波数もデジタル表示だし、その周波数に合わせて受信状態の良い場所を探してうろつけば聞くこともできるだろう。さすがに北朝鮮の主張とか政治思想とかの情報を求める訳ではないけど、国歌が流れた後でポップな曲が続く不思議な音楽番組に差し替わった。の下りには大いに興味をそそられた。

北朝鮮のラジオに乗っかるポップな曲ってどんな曲だ?
ここは、私の音楽好きの面が顔を出している。が、全く想像もつかない。意外と普段私が聞いているのと大差ない音楽だったら、それはそれでショックだな~。オールドスクールなポップスやロックでも、やっぱりショックだなぁ。パンク? ハードロック? ヘヴィメタル? デスメタル? プログレ? テクノ? ハウス? ニューエイジ? ヒーリング? ワールドミュージック? うわぁ、どれも北朝鮮発のラジオには相応しくないなぁ。

っつか、リスナーが主に情報収集を目的とした関係者とマニアが中心ってことは、そんな人たちがポップと思える曲ってことになるのか?

いずれにしても、「」と「ラジオ」と「音楽」という三つのツボを同時に突いてきたこのニュースだけど、やっぱり奇妙な音楽番組不思議な音楽番組なんて文言に心が惹かれる。どんな音楽だったんだろう?

それにしても、お家騒動と、それを隠してのコケオドシは、良きにつけ悪しきにつけ、どちらの意味からとっても目が離せないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.22

寝言は寝て言え

日本海はこれまでも、これからもずっと日本海だ。それを何だって?「東海」? トンへ? 何それ?


頭を下げて「併合してください」とお願いしてきて、伊藤博文氏が反対するも結局併合し、さらにその地の最高責任者になってその地の生活レベルを当時に日本並みに引き上げたにも関わらず、そんな伊藤氏を暗殺したテロリストを英雄扱いしている理解しがたい考え方のあ の 国。さらには大東亜戦争終結時のどさくさに紛れて戦勝国面をしやがった、恥知らずなあ の 国。日本がやることなすこと全て難癖をつけて自分の言い分を通そうとするあ の 国。自国の歴史にろくなものがなかったり、あってもその記録を読めなかったりすることで、様々な姑息な手を使って自国を売り込み、ねじ込もうとするあ の 国。英語表記で頭文字が日本のJより後ろなのが嫌だからとKからCに変えてまで日本の前に立とうと企んだあ の 国。スポーツのイベントにも関わらず、政治的メッセージの横断幕を掲げる厚顔無恥なあ の 国。そんなスポーツイベントなのに、ゲスト国の忌まわしい過去の記憶をほじくり返してアピールするあ の 国。対戦相手の宿舎の前で安眠妨害の騒音をまき散らしてまで勝ちたいと思うセコいあ の 国。どうしても勝ちたいからと審判を買収するという黒い噂が常に付きまとうあ の 国。どんなに素晴らしい物でも起源を主張することで価値を貶めてしまうという特技を持つあ の 国。話し合いで自分たちが不利になると大声をあげて全てをぶち壊してしまうあ の 国。呼吸をするようにして嘘をつくあ の 国。大東亜戦争時に生まれていなかったり幼児だったりした女性を従軍慰安婦に仕立て上げる、論理的思考能力に欠けた国民が住むあ の 国。戦闘機で空に上がる前にマンホールに落ちるというバカっぷりを全世界に知らしめたあ の 国。戦闘中という意味の旗を掲げながら日本の港に入って来た挙句、盛大に故障し、助けようかと言う問いかけも拒絶してすごすごと逃げ帰ったあ の 国の船。強い者にはへつらい、弱い者には威張り倒す劣等感丸出しのあ の 国。深く関わりを持つことでその相手を不幸のどん底に沈める特技を持っているあ の 国。上っ面ばかりをマネして中身は全て劣化コピーのあ の 国よく似た名前を名乗ることで客を奪おうとするあ の 国。西洋人にとって東洋人はほとんど見分けがつかないことを良い事に、悪いことをしたり、自分たちの都合が悪くなると「アイム、ザパニーズ」と言って逃げを打つあ の 国の民。よせばいいのに日本の企業と張り合って似たような高層建築を作るも技術が追い付かず、完成させたはいいもののピサの斜塔よろしく建物が傾き、テナントもさほど入っていないあ の 国の建築技術。島と島を結ぶ重要な橋を格安で受注したはいいものの、強度不足でその橋が崩落し、しばらくその国を大いに困らせたあ の 国の建設会社。しかも、賠償や弁償をさせようにもに会社は逃げ、国は知らんぷりを決め込むあ の 国。モータースポーツイベントでエントリーフィーを支払えなくなって踏み倒すも、懲りずにF1GPを開催させ、テスト走行でペースカーをコースアウトさせるという前代未聞な醜態を晒させたあ の 国。何か都合が悪いことがあって、それに少しでも日本が関係していると日本に全て罪をなすりつけようとするあ の 国

軽~く挙げただけで、あーあーあーあ、改行が無い、もの凄い読み難い文章になってしまったなぁ。
過去の悪行を日本のせいにするのなら、1274年と1281年の二度の元寇についてはどう責任を取ってもらえるのかなぁ。あ~、その頃にはあ の 国はなかったか~。


で、そうまでして日本海の呼称についてこだわるのは何故かなぁ?
歴史的にも思想的にも技術的にも外交的にも宗教的にもすべてにおいてバックボーンがないから、新しいアイデンティティを求めるのかなぁ?

アイデンティティを求めるんだったら、それこそ長いスパンで見て、世界の誰もが認めるものを、これが我が国起源のものだと胸を張って言えるものを作っていけばいい。日本を嫌っているんだったらそれでもイイけど、だったらその日本のおこぼれを拾い、横からかすめ取るマネはしないでくれや。

幸い日本は、周囲を海で囲まれているという地理的な要因もあって、他国による侵略を受けることはほとんどなかった。先にも書いた二度の元寇と、あとは大東亜戦争による沖縄戦と二度の原爆投下による津無差別な虐殺ってことくらいか。また、史実が正しいのであれば、日本は一般的にも良く使われている西暦、元号、そして皇紀によって年を表すことができる。だから現在は西暦2012年、平成24年、そして皇紀に至っては2672年である。最初の天皇、神武天皇の即位の年を皇紀元年とし、それから現在の第125代今上天皇に至るまで、それこそ長い長い歴史を培ってきた。

また、資源が乏しいから技術力を磨き、また、働くことを美徳とする国民性、新しい物事を取り入れてそれを独自に改良し、独自のものにする、ということをずっと昔からやってきた。「空気を読む」ことで自らと立ち位置を見極め、相互扶助の精神でもって日本が日本であるようにと「無意識の中」でもやってきた。

っと、話が脱線してしまうのが私の悪い癖だな。
で、無理矢理落ちに持っていくけど、こんなことを書いたのは、こんな記事を読んだから、なんだ。

「日本海」呼称で自民・新藤氏が書簡


2012.4.19 22:58 歴史認識

 自民党の新藤義孝衆院議員は19日、党本部で記者会見し、韓国政府が「日本海」の呼称に「東海」を併記するよう求めている問題で、韓国が主張する「東海」の根拠は誤りだとする書簡を国際水路機関(IHO)加盟国に送ったことを明らかにした。

 書簡は、高句麗の建国を記述した『三国史記』にある「東海」については渤海のことだとする内容。

立場が違えば歴史認識も違うってことは分かっているつもりではあるけれど、それを長い間世界が慣習的に使ってきた名前に、日本と言う固有名詞が使われているから、名前を変えろというのは、ちょっとばかりお門違いな気もするんだよな。

そんなに自らの国に関する名前を付けたいと思うんだったら、世界の誰よりも早く新しい星でも見つければいい。確か、最初に見つけた人に命名権があるんでしょ。あの星はウチらの土地だ、なんて主張してもらったって構わないよ(ぷっ)。その星に行けるかどうかは別問題だし、もしも既存の技術を越えて、自由にどこにでも行けるような技術を開発したなら、それはそれですごいと思うし、素直に拍手を送りたいとは思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.21

予想できない

予想できない
予想できない
4月12日、馴染みのセルフスタンドで給油したときのレギュラーガソリン1Lの価格は151円だった。しかし4月17日に灯油を買いに行ったときの値付けは、レギュラーで154円だった。

しかし今日、ガソリンスタンドの価格表示看板を見てみれば、また値が下がり151円となっていた。

値段が下がってくれるのはありがたいんだけど、値下がりに結びつく要因ってのが分からない。これから始まるGWに向けて、ちょっとでも安く供給してやろう、なんて石油元売り各社が考えているとも思えない。産油国の情勢だって、あまり良い状態であるとは思えない。

円高の影響? 2月に対ドルで76円位、ってのがあったけど、ここしばらくは、やや円高傾向にあるものの、今の時点では81円50銭、といったところか。まぁそれでも十分に高いんだけど。でも、80円台前半で推移していても、油の値段にそうすぐに反映するとも思えないしなぁ。

いや、安くなってくれるのは嬉しいんだよ。でも、どういう理由で安いのかが分からないから怖いのよ。希望としてはレギュラー1L当たり100円位で細かく動いてくれれば御の字で、欲を言えばレギュラーで90円切りとなると嬉しいんだけど、もうそんな時代ではないってことは分かっているつもり。

ただ理由が知りたいだけ。北国も春を迎え、暖房用灯油の需要が減ったからその分を還元できる、とか?

なんにせよ、分からないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

看板に偽りあり

ガソリンスタンドの価格表示看板に目を光らせている最近である。
今のクルマに乗るようになってから、燃費家計簿的なソフトで走行距離や給油量を記録しているのだが、そのソフトによれば、4月12日木曜日にセルフスタンドで給油した時は、レギュラー1Lで151円だった。しかし5日後、4月17日は同じスタンドでレギュラー1Lが154円だった。

今年に入ってからの記録であれば、1月初旬に142円だったのが下旬には133円に下がり、「こりゃーイイ」と思ったのもつかの間、2月上旬には143円、月をまたいで3月上旬には155円まで上がり、下旬にはさらに158円まで上がった。

産油国の出し惜しみか、投資家のマネーゲームに振り回されているのか、あるいは世界がイランに対して取る強硬姿勢の影響か、とにかくしばらくは安くはならないだろうと半分諦めていた。が、4月12日に151円。このまま下降線を描いて100円台までとは言わないまでも、せめて130円代まで下がってくれないかと期待したのだが、その期待はすぐに打ち砕かれた。

私の乗っているクルマは軽自動車なので、燃料タンクも30Lと小さいし、保険と称して20Lのガソリン携行缶を満タンにしてカーゴスペースに積んでいる。ま、ちょびっと走った時点で給油、なんて感じにしたら、一度に喰らうダメージも小さくて済むので、それでイイかなー、なんて思うも、カネ詰まりも相当ヤヴァイ状態になりつつあるため、無駄遣いはできない。無駄にクルマを引っ張り出すことも控えた方が良いだろう。

そう思っていた矢先にこんなニュースを見てしまうとだな、うがぁ、と腹が立つ訳よ。

GS「ハイオク」の看板 → 実は「レギュラー」…消費者庁が改善命令


2012.4.20 00:26 不祥事

 消費者庁は19日、茨城県龍ケ崎市のガソリンスタンド経営会社「エム・ワイ産業」に対し、景品表示法に基づき再発防止を求める改善命令を出した。

 消費者庁によると、少なくとも2010年1月~11年12月の2年間、龍ケ崎市内で経営する給油所1カ所で、店頭に設置した看板に「ハイオク」と表示していたにもかかわらず、ハイオクガソリンを求める客にレギュラーガソリンを販売していた。

 2年間で約7万リットルをハイオクとして販売、約1千万円を売り上げていた。経済産業省が毎年実施しているガソリンの品質調査で発覚した。

 同社の担当者は取材に「利益が出ないのでやった。申し訳ない。返金に応じる」と話している。

ちょっとエンジンに手が入っていたり、コンピューターが変わっていたりという、チューンドカーだったら、嫌でもハイオクを入れないといけない。カネがないからちょびっとならレギュラー、ならそれもいいかもしれないけど、ツルシの状態でハイオク指定のクルマだと、壊れはしないが調子が上がらないとか、燃費も落ちるとか、パワーが出ないよ、なんていう「注意書き」がクルマの取扱説明書に書かれている。

また、昔のスズキカルタスのスポーツグレード、GT-i はハイオク指定で、取扱説明書にも「ハイオクを入れないと壊れる」なんて「警告」が書かれていたように記憶している。試しにそれなりのキーワードで検索してみると、アイドリングしないとか、ノッキングの嵐、なんて記述を見つけることができた。ずいぶんファンキーはクルマだなー、でもそういう個性の強さってのは嫌いじゃない。が、ハイオクと信じて入れたガソリンがレギュラーだった、それでクルマが壊れた、となると話は別。さすがに現在のクルマでハイオク指定であったとしても、ちょっとパワーが落ちるくらいで壊れるまでは行かないだろう。ひょっとしたら、カーボンやスラッジが付きやすくなるかもしれないけど、そんなものはエンジンを割ってみないと分からない。

しかし、カルタス GT-i 同様、ハイオクを入れないとまともに走らないクルマもある。ちょい古めのヨーロッパの小さい車でちょっとスポーツに振った仕様だったら、レギュラーを入れるとノッキングの嵐でまともに走らず、応急策としてオクタンブースターを突っ込んでも症状は改善せず、結局そのガソリンを使い切るまで苦労した、何て文をとあるエンスー系自動車雑誌で読んだことがあるが、もしもそういったクルマがそこの「ハイオク」を何の疑いもなく入れた結果、壊れたらどうするつもりだったんだろう? ちなみにヨーロッパのガソリンはレギュラーガソリンでも日本のハイオクガソリンくらいまでにオクタン価が高い、なんて見聞きした覚えもある。だからなんだろうなぁ、小さい車=実用車のちょいスポーツ寄りで、日本ではハイオク限定ってのは。


ちなみに、逆パターンなら経験したことがある。
深夜にガソリンスタンドに乗り付けてレギュラー満タンを頼んだら、「ハイオク入れてみない? レギュラー価格でイイから」なんて言われたことがある。当時はセルフスタンドなんて物も無くて、深夜営業のガソリンスタンドといったら、大抵年配のおっさんが対応してくれた。でも、レギュラーを頼んでハイオクを入れてくれたのはそれっきりだったな。「レギュラー20Lで」とお願いしたら、ややヤンキーっぽい女性店員が給油のノズルを刺したままクルマを離れ、あれよあれよという間に満タンにされたことがあるけど、「20Lってお願いしましたよね」と言うと、「あー、どうもすみません。20L分のお代で結構ですから」なんて対応をしてもらったことがあったな。

逆に、じーさん店員に「10L」と頼んで満タンにされたときは、カネがないので払えないと言ったのにも関わらず、「ある分でお願いします」と懇願され、仕方なく支払ったことがあるが、今だったら一筆書いてもらって、後日、そこにクレームを入れるくらいのことはするな。


しかし、看板を偽ることでもしない限り儲けが出せなかったんだろうなぁ。現在のようにガソリン価格が乱高下して、人件費を削ってセルフスタンドにして、それでも儲けが出ないからと廃業するスタンドだって後を絶たないんだから。中には、レンタカー業務にも手を出してそれなりに稼いでいる所もあるみたいだけど、そこだってギリギリの線なんじゃないのかな。

だからと言って、ウソはイカンよ、ウソは。
あと、ガソリンの他に何か混ぜ物をするとか。国のお墨付きでバイオエタノールを数%添加、なんて話もあるみたいだけど、それならまだいいや。ディーゼルに軽油と一緒に灯油を混ぜて給油するのはダメ~。脱税だし、エンジンにだって良くないんだよ。

新しいディーゼルエンジンは排ガスもきれいなんだそうだけど、古いディーゼルで黒煙を吐いていて、タイヤなんかにも金を掛けていないような怪しいオーラをまとったトラックは匂うね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.20

やっぱり朝日朝日なのね・・・

個人的には、あまり激しくない程度にバタバタしてくれた方が、自称行動力の欠如した気弱なアナーキストとしては、面白くて楽しいんだけどね。傍目から見るとね。ただ、さだまさしの「恋愛症候群―その発病及び傾向と対策に関する一考察―」の歌詞の一部分

他人のことなど考えられずに 大切な花畑
平気で踏み荒らしてヒンシュクを買う B型

なんて感じで、笑い話などのネタになるのならまだしも、それが国と国との鍔迫り合いでこんな感じになってくると、一応は日本の国籍を持つ日本国民としては、非常にムカついてしまう訳で。

ここはウチの土地。
いーや、昔からウチの物と決まっている。
じゃ、その証拠見せろ、証拠。その証拠で衆目の前で白黒つけようじゃねぇか。
事実上ウチの土地だから文句もないだろが、コラ。

それが北方領土や竹島や尖閣諸島なんだろう。
他所の国でも島の領有権をめぐって争う、なんてことがあるのかな?

そういう状況の中、まず一つの諸島に関してアクションを起こしたのが、前日アップ分の通り、石原慎太郎東京都知事のワシントンでの発言なのだが、その行動について「立場にないのに出過ぎたマネをするんじゃねぇ」なんて噛み付いたのが、案の定、朝日新聞なんだな。私の父は国鉄~JR職員だったため支持政党も社会党だったのだが、取っていた新聞は幸い、朝日ではなく、読売だった。一応、社会党の機関紙も取ってはいたが、左向きって感じではなかった気がする。まぁ、当地札幌、北海道自体が革新派がブイブイ言わせている(いた?)けど、最近だとどうなのかね。

とりあえず、朝日新聞の社説を引用してみよう。

尖閣買い上げ―石原発言は無責任だ


 石原慎太郎・東京都知事がきのう、米・ワシントンで、沖縄県の尖閣諸島を都が購入する計画だと明らかにした。日本の領土なのに、中国が領有権を主張している島々だ。

 知事は「東京が尖閣諸島を守る」と語った。中国に四の五の文句など言わせるものか、という態度である。

 こんな知事発言に、インターネット上では拍手を送る書き込みがあふれている。

 確かに、知事の発言には本人をはじめ、中国の対応を不快に思ってきた人々の留飲を下げる効果はあるだろう。だが本来、政治家の仕事は複雑に絡み合った懸案を、一つひとつ丁寧に解決していくことだ。

 それに、そもそもこれは東京都の仕事ではないはずだ。

 知事は「島々を舞台にしてさまざまな施策を展開する」という。けれど、日本人が上陸しただけで反発してくる中国のことだ。問題はいっそうこじれるだろう。

 そうなった時、首都とはいえ自治体の長の石原氏に、領土が絡む問題を解決する手だてはない。政府の外交に悪影響を与えることを承知で大風呂敷を広げるのは、無責任としかいいようがない。

 尖閣諸島といえば、一昨年9月、中国の漁船が日本の巡視船に衝突してきた事件があった。

 この3月に、双方の政府が周辺海域の無人島に新たな名前をつけてからは、中国の監視船などが領海侵入といった挑発的な活動を続けている。

 さらに、石原発言を受けて、中国国内では、政府に強硬な対応を求めるネット世論が噴出している。

 私たちは、こうした中国側の対応にも自制を求める。日中両国民がお互いに批判しあって、何か得るものがあるのか。

 体制が変わったばかりの北朝鮮への対応でも、日本と中国との連携は欠かせない。国交正常化40年を迎える隣国同士でもある。こうした両国の関係を、石原氏はどう考えているのか。

 そもそも、都民の税金を使って島を買うことの説明がつくかも疑問だ。都議会に予算案を提出するというが、そう簡単に理解が得られるとは思えない。

 石原氏には、新党構想が取りざたされている。その折から、税金を使って選挙向けのパフォーマンスをしているようにも見える。

 藤村官房長官はきのうの記者会見で、国が購入する可能性を否定しなかった。東京都よりも外交を担当する政府が所有する方が、まだ理にかなっている。

さすがに文章のプロが書いただけあって説得力があるねぇ。どこかド辺鄙な場所で下手糞な文を綴っている誰かとは大違いだ。けど、何で日本の新聞社が中国のご機嫌をうかがうような社説を書くのかな? まぁ、日本には表現とか言論とか思想とか信仰とか報道の自由があるし、朝日新聞は以前から特 亜 三 ヶ 国の顔色をうかがい、日本にありながら日本のためにならない思想をばらまいてきた実績があるから、その立ち位置の強固さ、姿勢のブレなさは称賛に値するよな。→もちろん皮肉で。

その朝日新聞の社説に対して「ほーら来た」と待ち構えていたかのような社説を展開させたのが産経新聞(なのかな?)。

 
【産経抄】
4月19日 都の「尖閣諸島購入計画」を批判する新聞へ
2012.4.19 03:08 尖閣諸島問題
 東京都の石原慎太郎知事がワシントンで明らかにした「尖閣諸島購入計画」について、案の定、朝日新聞が社説で批判している。「日本人が上陸しただけで反発してくる中国のことだ。問題はいっそうこじれるだろう」。果たしてそうか。

 ▼中国や台湾が、尖閣諸島の領有権を主張し始めたのは、1960年代後半からだ。沖縄県に編入されてから70年以上もたっていた。付近の海底で、石油資源が埋蔵している可能性が高まったからだ。

 ▼一昨年9月、中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件は、多くの日本人に尖閣問題の深刻さを教えてくれた。実はそれ以前から、大量の中国漁船が日本の領海をわが物顔で徘徊(はいかい)してきた。今年に入ってからは、漁業監視船の侵入も頻繁になっている。

 ▼エスカレートする中国の挑発行為に対して、いまだ自衛隊の常駐が実現していない。それどころか、日本人の上陸を許さず、無人島のまま放置してきた。自民党政権時代から続いてきた事なかれ主義こそ、問題をこじらせてきた元凶だ。

 ▼所有者には、中国側から数百億円の買収話があったとの報道もある。一刻も早く公有化して、実効統治を強めなければ中国の思うつぼだ。きのう「あらゆる検討をしたい」と語った野田佳彦首相は、石原氏と危機感をどこまで共有しているのか。

 ▼東京新聞は、「都民の税金は暮らしのために使ってほしい」と主張する。ならば猪瀬直樹副知事がいうように、寄付を募ればいい。前の晩に岩手、宮城、福島3県の郷土料理と地酒を堪能した「復興支援酒場」が参考になる。利益をすべて、被災地に寄付するというのだ。「尖閣買い入れ支援酒場」が開店すれば、大入りは間違いない。

あー、やっぱり銭カネが絡むと、親日国であってもその立場は譲れないってか>台湾。でも、台湾とは話し合いの余地が残されているような気もするし、仮に海底資源の共同開発となったとしても、双方が得をするような気もする。が、中国は「ウチだけ良ければそれでいい」だろ? Win Win の関係に持って行こうとして契約したとしても、一方的に反故にされるがオチなんじゃないの?

それに、ワシントンで石原都知事があの発言をしなかったら、政府だって動いたかどうか怪しいぜ? 大体、政府与党の中にだって、特 亜 三 ヶ 国の顔色をうかがう人間が多いんだから。元首相だって、ありもしない歴史を信じて自虐史観を展開する人だし、その妻だって、そういう国にのめり込んでいる脳内お花畑な人だしなー。

いやぁ、日本が中国みたいに自国の都合の悪い情報は全てシャットアウト、なんて国じゃなくて良かったよ。社会から転げ落ちそうな位置にいる人間だってこうやって発信できるんだから。いや、情報を操っている奴らの中に、特 亜 三 ヶ 国の手先が相当数紛れ込んでいるという話も聞くから予断は許さないけどね。


それにつけても、石原発言の余波が思わぬところに波及していて、それがまた面白かったりして な。

続きを読む "やっぱり朝日朝日なのね・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012.04.19

専守防衛?

日本は、国土こそ狭いが、領海となるとかなりの広さになる。ただ、日本固有の領土である北方領土がロシアに、竹島が韓国に不法に占拠されているのは、残念としか言いようがない。北方領土は今や1万人以上のロシア人が暮らし、そこで生まれ育った人たちもいることだろう。だから「返せ北方領土」なんて言っても、日ロの偉いさん同士で話が付いたとしても、そこで暮らしてきたロシアの人たちの処遇がどうなるのかは分からない。実際問題として、そこが故郷としているロシア人がいるのなら、両国の人々が自由に行き来できる自由貿易圏みたいな感じになれば、それはそれでいいんじゃあるまいか?

だが、竹島は別。
あれは勝手に武力でもって勝手に占拠しているだけで、そこに住んでいる人というのは、その武装集団だけなんでしょ? だったらこちらもそれなりの武装で領地奪還作戦でも展開してくれればいいのにな。

そして、尖閣諸島での、日本、台湾、中国の鍔迫り合い。中国の「自称」漁民が日本の巡視船に体当たりして、海上保安庁にとっ捕まえられるも、そのまま中国に送還してしまったのも残念。海上自衛隊のお下がりの船を白く塗って巡視船だと言い張り、敵対行動をとってきた者にはそれなりの痛い目に合って頂かないと。

だけど、国は何もしない。国民だって、そこで何が起こっているのか、目立つニュースでもない限りは知ることもできない。そんな中、東京都知事、石原慎太郎氏がぶち上げてくれましたよ。東京都で尖閣諸島を買うってよ。わっはっは、痛快痛快。

東京都が尖閣諸島購入へ ワシントンで石原知事が明言 「日本人が日本の国土を守る」


2012.4.17 04:58 尖閣諸島問題

Plc12041704580005p1 東京都の尖閣諸島購入について語る石原慎太郎知事=米国・ワシントン(石元悠生撮影)

 【ワシントン=石元悠生】東京都の石原慎太郎知事は16日午後(日本時間17日未明)、ワシントン市内のシンクタンクで講演し、「日本人が日本の国土を守るため、東京都が尖閣諸島を購入することにした」と述べ、尖閣諸島の魚釣島、北小島、南小島を個人所有する地権者と交渉を開始したことを明らかにした。

 代理人を通じて詰めの交渉を続けているといい、基本的な売買の合意はすでに得ているもようだ。購入後は、沖縄県や石垣市に共同所有を提案する考え。

 石原知事によると、売買交渉は昨年末に開始。山東昭子参院議員を通じて地権者の埼玉県在住の男性と会談する機会があり、男性が「東京都が買ってくれるのなら売ります」と話したという。

 都の購入予定エリアは、尖閣諸島の魚釣島、北小島、南小島で、価格は「10~15億円になる見込み」(関係者)。会見では、「都の予算は都民のために使うのが大原則では」との質問も出たが、石原知事は「大原則は国のためだ」と述べた。

 今年中に、専門家による審議会に諮り、都議会の同意を得る方針。現在、3島は、国が年間2450万円で賃借しており、来年3月31日の契約期限が切れるのを待って、都への所有権移転を目指す。

 石原知事は尖閣諸島について、「極めて重要な島々であり、所有者は代々、国益を常に念頭に置いて、これを守ってきてくれた」と強調。過去には、数名の仲間と尖閣諸島に上陸しようとし、灯台を建設した経緯があるが、「当時の外務省が時期尚早として海図に載せなかった」と批判した。

 尖閣諸島をめぐっては平成22(2010)年9月、領海を侵犯した中国漁船が海上保安庁の巡視艇に衝突を繰り返し、船長が逮捕される事件が発生。中国の反発を受け船長を処分保留で釈放するなど日本政府の対応に批判が集まった。

 石原知事は「日本の国土を守るために島を取得するのに何か文句ありますか。ないでしょう。やることを着実にやらないと政治は信頼を失う。まさか東京が尖閣諸島を買うことで米国が反対することはないでしょう」と話した。



 石原知事は会見後、「尖閣諸島の周辺は豊穣(ほうじょう)な漁場で、自然エネルギーの開発でも大きな可能性がある。世界遺産に登録された小笠原のような豊かな自然も世界的に貴重なもの。都がこれまで培ってきたノウハウも生かしながら、この島々を舞台としてさまざまな施策を展開すべく、購入に向けて検討に入る」とするコメントを出した。

んーと、東京都が買うということになったら、東京都尖閣諸島、とでもなるのかな? 警察の管轄は、警視庁? なら、装備品もニューナンブなんて甘っちょろい物じゃなくて、もうちょっと殺傷能力のある銃器を携帯させて、住民も住んでいない筈だから、職務質問=発砲、なんてのでも良いんじゃね? あるいは、自衛隊に出張ってもらって、24時間、蟻の子一匹通さないような厳重な監視体制を敷いて、「日本をあまり甘く見ない方がいい」なんて全世界にアピールした方がイイんじゃね?


その石原都知事の爆弾発言に対して、何もしていない訳じゃない、なんて言っているみたいだけど、じゃ、何をしているの? 国民に分かるように、本当に分かりやすく説明してもらいたいものだわ。

 
【都の尖閣購入計画】
玄葉外相、石原都知事批判に反論「何もやっていないということは全くない」
2012.4.17 11:15

Plc12041711160009p1 玄葉光一郎外相は17日の記者会見で、東京都の石原慎太郎知事が米ワシントンでの講演で、都が沖縄県の尖閣諸島を購入する計画を明らかにしたことに関して「(石原氏が)何をどう語ったのか詳細を把握していない」と述べた。その上で「尖閣諸島はわが国固有の領土であり、歴史的にも国際法上も疑いのない事実だ。現にわが国は有効に支配している」と強調した。

 また、石原氏が尖閣諸島問題をめぐる外務省の対応を批判したことには「何もやっていないということは全くない」と反論した。

敵を欺くにはまず味方から、なんて言葉もあるし、水面下でいろいろと手を打っているのかもしれないけど、何もしていないようにしか見えないんだよね。北海道選出で総理大臣も務めたあの人のように、口から出まかせ出放題な人やパニックに陥り周囲に怒鳴り散らすだけでダメダメな指揮官という印象を決定づけたあの人がいる党にいる人で、誰を信用していいの? だれも信用できないでしょ。大体、今の野田総理大臣だって強力なリーダーシップがあるとも思えないし、何をやりたいのか、国をどう動かしたいのかすら分からないじゃん。

だったら、強力なリーダーシップ「黙って俺についてこい」みたいな人がいたら、そっちに流れちゃうよ。明るい将来が見えない中で、ものすごい灯りを灯してくれたら、みんなそっちに集まるでしょ。

そんな石原発言でケツに火が着いたのか、官房長官が「必要なら国で買うことも」なんて言ったぞ。ホントだな?

 
【都の尖閣購入計画】
「必要なら国購入も」官房長官が表明
2012.4.17 21:18 尖閣諸島問題 Plc12041721190025p1 

 沖縄県・尖閣諸島の魚釣島。手前は警戒監視活動をする海上自衛隊のP3C哨戒機=2011年10月

 藤村修官房長官は17日午後の記者会見で、石原慎太郎東京都知事が沖縄県・尖閣諸島の購入に向け最終調整をしていると明らかにしたことを受け、必要な場合は国による購入もあり得るとの認識を示した。国境にある離島は国が管理すべきだが、領有権を主張する中国を刺激するのを避けたいため実効支配の強化に対策を十分にとっていなかった。政府も重い腰を上げざるをえない状況となった。

 中国漁船衝突事件後の平成22年11月、当時の菅直人首相が衆院予算委員会で「(国有化を)検討させたい」と表明したものの、これまで本格的に議論した形跡はない。「所有者の意向も踏まえ」などとして島への「上陸禁止」措置をとってきたが、所有権が東京都に移れば根拠はなくなる。

 「必要ならそういう(国有化の)発想で前に進めることもある」

 藤村氏は会見でこう述べた。午前の会見では「事実関係を承知していない」と論評を避けたが、午後の会見では踏み込んだ発言となった。尖閣をめぐり及び腰だった民主党政権が、石原氏の構想に揺さぶられていることの証しといえる。

 海洋問題に詳しい東海大の山田吉彦教授は「石原氏の行動には政府の動きを求める意図を感じる」と話す。ある政府高官は石原氏の構想の意義を「公有地であれば外国資本の手が及びにくい」と指摘する。中国が新潟市で総領事館用地として広大な民有地を取得した問題が浮上しているが、尖閣の民有地も相続などをきっかけにブローカーなどが仲介し、土地が中国資本の手に渡る危険性はゼロとはいえない。公有地にすれば、その危険性は減る。

 都に所有権が移れば、民間人と賃貸借契約を結んだ政府の「上陸禁止」も効力を失う。都が買い取り、石垣市との共同所有を認めれば、尖閣への上陸は相次ぐことが想定される。日本としては実効支配を強めることになるが、中国がそれを傍観するはずもない。海上戦力による挑発など高圧的な姿勢を強めてくることも避けられない。

 防衛省幹部は「自衛隊と海上保安庁の警戒監視態勢を強化する必要がある」と強調し、尖閣に潜水艦を常時探知できる監視装置や無線中継基地を設置することも挙げる。仮に自衛隊や海上保安庁の拠点を置く場合、民有地でも都などの公有地でも土地の賃貸借契約を交わす必要があることは同じという。

実際に国がどう動くのかは分からないけど、周辺国に「一筋縄ではいかない」なんて思わせないとダメだよ。日本というブランドが恥 知 ら ず の 国によって脅かされているんだから、そんな国にも釘を刺しておかなきゃ。思いっきりぶっとくて、カエシが付いて抜こうにも抜けないようなヤツを ぶすっ とね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.18

ぺぺんぺ ペン、ボールペン編

鉛筆で下書きが終わった履歴書を清書する際には様々なペンを試したものだ。例えば、役所などの机に置かれている極々一般的な油性ボールペンだが、これは文字を書き続けていると、インク溜まりみたいな感じで汚れることが多かった。そのせいで履歴書を書き直したことだって、結構ある。一行書く度にペン先をティッシュで拭ってインク溜まりの防止に努めても、今度はそのインクの乾きが遅いせいで、消しゴムを掛けたらまだインクが乾いていなかったー、と頭を抱えたことだってある。

それからは、個人的な主観によるものだけど、油性ボールペンの地位はかなり落ちた。消しゴムで修正が効かない分、鉛筆以下と思うこともあった。ただ、シゴトをしている時は、多分一番コストパフォーマンスに優れたその油性ボールペンを使い切ることが嬉しくもあったなぁ。また、シャープペンシルと同様に、替え芯があるという事実にも驚いたもんだっけ。

さて、履歴書を書くのに油性のボールペンを使うのはやめた。その代り、次に使ったのは万年筆だった。昔、彼女と一緒東急ハンズでの工作体験みたいなイベントに参加して、私は万年筆を作るコースを選んだのだ。そしてその万年筆で履歴書を書いていたのだが、やっぱり万年筆のペン先も消耗品、なんだろうね。紙に引っかかるような感じの書き味が好みでもあったのだが、その履歴書をハローワークの職員の方に添削してもらったら、「読まれることを拒絶している文字だ」との評価を頂いた。言われてみると、確かに読み難い。

求人情報誌などでは、下手でも丁寧に書かれた字は好感を与えることができる、なんてことが書かれているが、ゆっくり丁寧に書いたつもりの文字で「読まれることを拒絶している文字」なんて評価をされたのではたまらない。万年筆の使用も諦めた。

ならば、履歴書書きに手を出していなかった水性のゲルインクボールペンを使うのはどうか。
いや、地元FM局の深夜番組に投稿する際に使っていたのがぺんてるのハイブリッドなるシロモノなのだが、確かに、下書きナシの一発勝負では大変に書きやすかった。が、鉛筆での下書きの上から書くとなると、鉛筆で書かれた部分がインクを弾いてしまうのか、書けなくなることも多々あった。また、ラジオ番組に投稿する際にも、ハガキの端っこ部分になるとインクが載らない、なんてこともあった。

ちなみに、ぺんてるのハイブリッドで検索してみると、あら・・・、製品一覧からハイブリッドシリーズは外されている、とな? 確かに製品一覧を見ても見つけられないねぇ。でも、スーパーやコンビニでも簡単に手に入るぞ。流通在庫のみって訳でもないみたいだけど、いつの間にか無くなっている、なんてのは嫌だな。手に入るうちに買っておくのが吉なのかい?

ラジオ番組への投稿だったら、間違っても修正液で隠すことも可能だし、修正液がなかったら、間違った部分を ぐちゃぐちゃ と書き潰してしまうことだってできる。しかし、それが履歴書だったら、ちょっとの間違いが命取り。振出しに戻らなければいけないのだ。さすがにそれは嫌だ。

それならば、献血でもらった細いサインペンなら、と思って試してみたが、結構これはこれで好感触だったが、「本採用」にしなかったのは何故だったかな? 同等品が手に入れにくいから、だったかな? 変なところでかすれてしまうからだったかな?

いずれにせよ、履歴書書きに最適な筆記用具を求めて彷徨い、試行錯誤することとなった。履歴書のフォーマットも職業訓練校でのオリジナルに少々手を加えたものを使っているのだが、用紙のサイズが大きくなった分、一行に書く文字の量も増えた。また、そこにバランス良く文字を詰め込むためには、ペン先が細い方がより良い、なんて条件も付いた。

その点からみると、ぺんてるのハイブリッドは、ペン先がやや太くて、文字を細かくして詰め込むには少々不適なようにも思えた。大体、下書きの鉛筆でインクが弾かれてしまうくらいだし。

餅は餅屋とのことで、文房具に詳しそうな店員さんに履歴書を書くのに最適なペンをいくつか選んでもらった。まず、uni の JETSTREAM をすすめられた。Index_ph02確かにすらすら書けるし、インク溜まりもなさそうだけど、油性だとなんか乾きが遅そうだし・・・。買ったはいいがとりあえず保留。

また、昨日のシャープペンシル編でも挙げた PILOT SUPER GRIP のノック式のボールペンBgp10rbfbも、書き味すらすらでゴムのグリップが付いていて、まぁ好感触ではあったが、やっぱり油性だと乾きが遅そうだしなぁ。

ということで、求めるスペックは水性ゲルインクの極細に決まった。ぺんてるのハイブリッドのように、鉛筆で書いた文字の上ではインクが弾かれる懸念もあったりもするが、それは使っていて不満に思えたらまた別のを買えばいい、なんて気持ちになった。

で、まず手に取ったのは、やっぱり PILOT の HI-TEC-C 0.25 Hitecc025というモデルと、三菱鉛筆の uni・ball Signo の 0.28mm Index_ph01モデルだった。あとついでに、お好みで芯の色の組み合わせを変えることができる、PILOT HI-TEC-C coleto の2色モデルに、黒と赤の替え芯を一緒に買った。これは、ただのメカフェチ、文房具フェチが興味本位で買ったもの、と思ってもらってもいいだろう。

だって、小学、中学時代に、黒、赤、青の3色が一本にまとまったボールペン、なんてものを使っていたこともあったのだけど、その3色が平均して無くなるって訳でもなかったし、その当時はボールペンの替え芯なんてがいねんもなかった。それに、3色なら3色のボールペン芯が付き出てくる、ペンの先っちょ部分が幾度となくヒビが入り、最終的には欠けた、なんて記憶もあるので、機能を変に複雑化してしまうと壊れた時が厄介だ、なんて思いもあるのだ。

しかし PILOT HI-TEC-C coleto は、替え芯のアフターフォローも万全だと思ったし、ま、あったらあったでイイかなー、なんて思ってしまったのだ。稼働時間はあまり長くないため、まだトラブルらしいトラブルも出ていないが、一本で数色を賄うってのは、やっぱりペン先辺りに無理が生じるんじゃないか、とも思うんだよな。ちなみに、某求人誌が企画した合同企業説明会に参加した際に粗品としてもらったのが、ZEBRA Clip-on multiB4sa1 なる品で、その機能たるや黒、赤、青、緑の油性ボールペンの他にシャープペンシルの機能までもが組み合わさったもので、価格は消費税込みで525円、とな。一応、替え芯の記述もあることにはあるけど、近所の本屋にその在庫があるかどうかが不安なんだよなぁ。

さすがに4色のボールペンとシャープペンシルの組み合わせだけあってペン軸は太くなっているが、その太さは私の大きめな手には結構フィットする。一張羅のスーツを着て面接に向かう際に胸ポケットに差しておけば、メモを取る際にも、そのメモで大事な部分に色を付けたいときにも重宝する。しかし、それ以外の場合には、パソコンラックの上のペン、文房具入れに入れている。


そして、鉛筆で下書きをした履歴書を清書するときに、履歴書1枚ずつで、それぞれのボールペンを試してみた。ぺんてるのハイブリッドは、やっぱり・・・、な結果だった。次に uni JETSTREAM を試してみた。すらすら書ける、というか、ペンが走り過ぎる。私は、紙を上を滑るんじゃなくて、「紙とコンタクト」できるような書き心地が好みなのだよ。滑り心地は確かに JETSTREAM だったが、ワタシ的には合わなかったなぁ。

ノック式の PILOT SUPER GRIP は、その品名の最後に「07」と記されているだけあって、細かい文字を書くにはちょっとばかり太かった。同じく PILOT の HI-TEC-C 0.25 は、んー、これは紙に引っかかる感じがして、どーもよろしくない。これは個人の好みによるものなんだろうけど、ワタシ的には合わなかった。同じ HI-TEC-C でも coleto の方が幾分スムーズに書くことができた。

残るは uni・ball Signo だが、これは先述の HI-TEC-C 0.25 より、ちょーっとばかり太い 0.28mm だ。が、書き味としては、それまで試した中で一番好みに合った。ただ、いかんせんインクの減りが早いような気がするのは、履歴書を書くのに酷使しているから?

だけど、それまで試したボールペンの中では uni・ball Signo がベストなんだけど、履歴書一枚書き終わった後には、指には結構な疲労感が残る。まぁ、それはそれで仕方あるまい。


あとは、書き上げた履歴書と、気持ちを込めたカバーレターと、職務経歴書、ハローワークからの紹介だったら、その紹介状を封筒に入れて送るのだが、その封筒のあて名書きもまた面倒だったりするのだな。

職業訓練校オリジナルの履歴書(改)は、A3版。それを二つ折りにしてA4版。カバーレターと職務経歴書は私が持っているプリンターで印刷できる一番大きなサイズのA4版。それらをクリップで止めて、100円ショップでも売っているクリアフォルダーに突っこみ、それをA4版がすっぽり入る定型外郵便、角2型封筒に入れるのだけど、そのでっかい封筒に宛名を書くと、何をどう書いてもうまくバランスが整った文字にならないのだ。横書きでもいいのかもしれないけれど、まずその度胸がない(苦笑)。

結局、また鉛筆で下書きし、その際には文字を書くのではなく、デザインの下絵を描く、なんて意識で下書きするのだが、それでもやっぱり字が曲がる。清書の段階で修正しようとしても、やっぱりバランスが崩れて醜い宛名となってしまうのだ。裏面にやや小さめな文字で書く自分の住所氏名の方がバランス良くまとまるのはどういう訳だ?

さすがに、その大きな封筒の宛名書きまで細字のペンを使うこともないってんで、そこらにあるやや太めのボールペンを使おうと思ったら、・・・・・・、ああ油性。しかもかすれる。最後の最後でこの仕打ちはないだろうに、このド畜生め。結局、そのためだけに ZEBRA SARASA CLIP の 0.7mm Jjb15を入手するに至った。

って、こんなブログ書いている暇があったら1枚でも多く履歴書を書け? はい、おっしゃる通りですね。そうします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.17

ぺぺんぺ ペン、鉛筆、シャープペンシル編

大変不本意ながら、就職戦線では連戦連敗を継続中である。稀に企業側から「ウチはどうだい? よかったら応募してみない?」なんてオファーが来ることもあった。で、そのオファーを受け、面接に臨む際には、アタマのなかで世良公則の「銃爪」がヘビーローテーションとなるのだ。

Tonight Tonight Tonight Tonight
今夜こそ オマエをおとしてみせる

てな感じで。しかし、結果は

まるで素肌を さらしといて
想い出ひとつも のこせない
悲しい女に なっちまったよ

か、あるいはもっと軽く、ハナ肇とクレイジーキャッツの「スーダラ節」の

俺がそんなに もてる訳ゃないよ
分かっちゃいるけどやめられねぇ

となるがオチ、なのだ。
アタックを掛けて玉砕する、なんてパターンが多いのは、相手が高嶺の花なのか、それとも自分の持っている「武器」が貧弱なのか。はたまた、バカ正直な一点突破主義が見え見えで返り討ちにあってしまうのか・・・。とにかくその状況を打破せんと、「参謀」を雇うことにした。が、この話はまたいずれ。って、書くかもしれないし書かないかもしれないけど。

じゃ、何を書くのか。
うむ、履歴書を書く時に使う筆記用具について書こうと思う。

私はあまり字が上手ではない。むしろ下手、と言っていいと思う。何しろ、急いで書いたメモ書きが判読できない、なんてこともあるくらいにして。だから、履歴書を書く時も、まず初めに鉛筆、ないしはシャープペンシルを使って下書きをするのだ。

個人的には鉛筆が好きなのだ。カッターナイフや彫刻刀の一種なのか、切り出し刀(だったかな?)なんかで鉛筆を削ることで気持ちのスイッチを切り替えることができる、なんてことも何かで読んだことがある。それは多分、筆で文字を書く時に墨をする行為と似たようなものなのではないか、と思うのだがどうだろう? まぁ、めったにそういう事はしないが、その代り、手回し式の鉛筆削りを使うことが刃物を使って鉛筆を削る行為の代償行動となっているのかもしれない。

だけど鉛筆は削る度に長さが短くなっていって、書き心地もその度に変化していく。長過ぎても書き難いし、鉛筆削りで削れないくらい短い鉛筆だと、それもまた非常に書き難い。

ならばってんで出てくるのがシャープペンシルなのだが、コンビニなどで手軽に手に入れられるシャーペン、例えばそれは、パイロットのスーパーグリップ 0.5 だったり Hgp10rto5 ゼブラの JIM MECA Krm100 、だったりするのだが、いかんせん軽すぎる。そりゃー、私が小学生の頃の初めて手に入れたシャーペンは、書き心地もあまり良くないわ、シャーペンのキモの芯を保持する金属のの筒が抜けてしまって、ろくに書けなくなってしまったり、あとは頻繁に芯が詰まったってこともあったな。それから比べると、グリップ部には指に優しいゴムが巻かれてあり、芯が詰まったりすることもないというのは、まぁそこそこの性能であるとは言えるだろう。

下書きなので筆圧もそれほど必要としないから、シャーペンが軽いことに関しては特に問題ないんだけど、ただやっぱり「ある程度」の重さが欲しいな、などとも思う訳で。すると出てくるのが、高校時代に道で拾ったこれ。Img_1209どうやっても上手く撮影できなかったのだが、ペンの軸には、かすれているけど F-1 と思しき文字、さらには SP 0・5 SAILOR NO.500なんて印刷されている。おそらくセーラー万年筆のものだと思うのだが、アルミ色の軸にプラスティックの滑り止め付きグリップは、見た目からも結構な高級感を感じたし、おベンキョなどでノートを取る際も、シャーペン自体の適度な重さがアシストしてくれて、とても書きやすかった。ちなみに検索し、ヒットしたサイトを見れば、どうやらその当時ではちょっとお高い300円、なんて相場だったらしい。

外観が醸し出す高級感から、もっと高いシロモノだとばかり思っていたよ。そんな高いシロモノを拾って我が物にしたという罪悪感は結構引きずったのだが、300円だと知ったら、その罪悪感は霧消した。でもホント、このシャーペンは手に馴染んでホントに書きやすかった。ただねぇ、専門学校に行って図面を引く授業で叩き込まれた癖として、ペンは回しながら持つ、なんてのがあるんだな。そうすることによって、図面で言えば線の太さを均一にすることができ、かつ、芯の減り方も均一となっていつまでも同じ太さの線を引ける、なんてことを教えられたのだ。すると、ポケットに差す場合に重宝するクリップ部分が邪魔になって仕方なくなるんだな。

何とか我慢してペンを少しずつ回転させながら文字を書いて言っても、最初の頃のはっきりした濃い文字はやっぱり書けなくなり、筆圧が「逃げて」しまう。細かい文字を書く時にこれだと、文字が潰れてしまい、「目」なのか「日」なのか、「ハコ」の中の横のラインが何本なのか、不安になる訳だ。だから、清書するときに辞書を引いて確認するのだが、その辞書の文字も細かいんだよね・・・。メガネを外して片目をつぶってようやく確認する、なんて具合なのだが、ひょっとしてこれって老眼? うわぁ、きっついなぁ。

そんなある日、大きな文房具屋でとあるシャープペンシルに目が留まった。芯が回転することで尖り続けるとな? ほほう、これは面白そうだ。ペンを回転させないでも勝手に芯が回転してくれる、その正体は uni KURU TOGA だ。Spec_ph01確かに普通のシャーペンよりは書きやすいけど、ちょっと期待が大きすぎたかなぁ。

だったら基本の方がまだ割り切れるかなぁ、なんて思って鉛筆に逆戻り、なんて感じだったりするんだな。


さて、次は清書に使うペンについて書くか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.12

混んでる・・・

クリニックの日。
夕べの雨のおかげもあってか、空は抜けるように蒼い。しかし、気持ち的には眠剤の影響なのか、少々眠い。

そしてクリニックは、何故だろう?「大入り満員」である。何分待つのか想像もつかない。予約時間は10時半で、それよりも早めに入ったのだが、それでこの状況・・・。
呼び出されるまで「スタンバイモード」に意識レベルを落としておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれ? 安くなっている

一週間ほど前に行きつけの出光のセルフスタンドで給油した時は、レギュラーガソリンの看板表示価格はリッター当たり158円だった。

その日以来色々な用事が重なったため、頻繁にクルマで移動したのだが、気が付いたら155円に値が下がっており、昨日確認したところで151円、なんて看板を出しているスタンドがあった。これは何かの間違いか、他のスタンドを出し抜いて客を呼び込もうかという作戦か、なんて疑ってみたりもしたのだが、行きつけのスタンドでも151円だった。

上がる時も下がる時も、なんかほんとにいきなりって感じがしないでもないのだが、まぁ、安くなってくれるのは正直嬉しいが、それでもまだ151円。レベル的には去年の今頃に149円を記録しているが、150円越えのレベルまで遡るとすれば、4年前、平成20(2008)年10月に152円となっている。

ただ、ガソリンが安くなっても灯油がまだリッター95円と高値安定を続けているのだが、これはこれから暖かくなるにつれて暖房機の稼働頻度も少なくなっていくだろうから、その辺はあまり痛くはないな。

それにつけても、この値下げの要因は何なんだろう? ま~さ~か~、行くなと言われていたのにも関わらずにイラン渡航を強行した鳩山由紀夫元首相のおかげ。ン、な訳ゃないか(苦笑)。だとしたとしても、レスポンスが早すぎる。

要因は何であれ、日々使う物が安くなってくれるのは嬉しいことだよ。あとはせめて、去年2月のレギュラー129円レベル以下まで値が落ちてくれるとありがたいのだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.09

へー、こりゃすごい

個人的には、個人で使う分のエネルギーは個人で調達したい、と考えている。が、個人で調達できるエネルギーの確保の方法は、いいところ「ガスマイホーム発電」位しか思い浮かばない。北海道では北海道ガスが旗を振っているが、他にもどこかあるかな? あとは、屋根にソーラー発電パネルを据え付けるか、ちょっとした土地に風車を据え付けての風力発電ってところか。

だが、賃貸住宅に住んでいると、ガスマイホーム発電もソーラー発電も風力発電も、導入にはかなりの困難が伴うだろう。と言うか、無理と言った方が早いかもしれない。家主さんに「カネは私が出しますから、屋根にソーラーパネルと、ちょっと大きめの風車を導入してはもらえないか」と掛け合うだけの甲斐性も「現在は」ない。将来ならどうかも怪しい。

それでは、ってんで、既存の電力会社に頼りっ放しってのも癪な話だし、地方自治体、私が住んでいるのは札幌市だけど、その市に「市で発電しませんか」なんて言っても、札幌市の資金力だってあまり潤沢とは言えないだろう。

賃貸住宅住みで資金力のない人間にとっては、やっぱり電力会社か、あるいは新し物好きの自治体に頼るしかないのかな? はたまた、カネに物を言わせて某通信関係の会社がメガソーラー発電所を作る、なんてぶち上げたけど、それの進捗状況がどうなっているのかも分からない。気が付いたらいきなり出来てた、なんてことも有り得そうだしなー。それはそれで面白いけど、個人的にはもうちょっと面白いのを期待したかったりも、するんだな。

なんて感じで電脳の海をふらふらと漂っていたら、おお、これは珍しい、なんて記事を発見したのでご紹介。

基本的には水力発電なんだけど、誰もが想像するのが、多分、水の落差や流れで水車を回し、その回転を発電機に繋げて発電する、なんて感じだと思う。この記事も基本的には同じなのだが、その回転を取り出す仕掛けに驚いた。まぁ、形的にはネジ、と言うか、アニメなどで土の中を掘り進むマシーンの先端についているドリルのようなもの、とでも言うべきか、流氷の季節になるとオホーツク海をクルーズするようになる流氷砕氷船ガリンコ号の砕氷システム、みたいな感じか。

とにかく記事と画像を引用してみよう。

新設3号は「らせん水車式」 小水力発電所「元気くん」に視察者急増


2012.4.8 04:00

Scn12040804000000p1 稼働を始めた山梨県都留市の小水力発電所「元気くん3号」

 「小水力発電のまち」を掲げる山梨県都留市のシンボル的存在で、3カ所目の家中川(かちゅうがわ)小水力市民発電所となる「元気くん3号」が市役所(同市上谷)近くに完成し、この春に本格稼働を始めた。東日本大震災と原発事故以降、「エネルギーや発電に対する関心の高まり」(都留市政策形成課の秋山英一郎主事)から、小水力発電所への視察者数が急増している。

 同課によると、平成23年度の視察者数は2475人と、22年度の1330人から倍近くに増えた。とくに県外からの視察者が2035人(22年度1054人)と圧倒的に多い。新設の3号が視察可能となった年明け以降も、福島県会津若松市議会、福島市議ら被災地を含む全国から視察者が訪れたという。

 元気くん1号は市庁舎前の家中川に、2号はその300メートル下流に設置。水車の力で生まれた電気は市役所の受電設備を介し、市役所や周辺のエコハウス、植物栽培施設の電力に使われ、電気使用量の少ない土日曜日に発電した電気は売電にも回している。

 河川工事などで発電できなかった期間を除く1、2号の発電総量は、市役所と周辺施設で使われる年間電力の約4割に上り、これに3号が加わると、5割程度に押し上げられる計算になるという。

 3号は長さ約7メートル、直径1・6メートルの「開放型らせん水車」という形式。上流の水を鉄製のブレード(スクリュー)が受けて発電する。最大出力7・3キロワットで水の落差1メートル、最大使用水量は毎秒約1トン。

 木製の下掛け水車の1号(最大出力20キロワット、落差2メートル)、上掛け水車の2号(19キロワット、3・5メートル)と異なる形式で規模は小さい。しかし、少ない落差で発電できるほか、大規模な導水路も必要なく、場所を選ばず、設置も容易というメリットがあるという。

 水車のスクリューの回転速度は1分間に約37回。ギアを組み合わせた増速機を介して約1500回転まで上げて発電機盤に伝える。

 都留市には「環境学習ができる町」として修学旅行の訪問先に検討したいという問い合わせもあり、市政策形成課の秋山主事は「元気くんというハードを生かして交流人口を増やし、観光などの面で市民に利益を還元したい」と話す。

Scn12040804000000p2 こちらは6年前に稼働を始めた元気くん1号=山梨県都留市役所

■都留市家中川小水力市民発電所 元気くん1号は平成18年、2号は22年に稼働開始。3号の設置費約3千万円は山梨県地域クリーンエネルギー導入促進事業費補助金を財源としている。市役所庁舎前を流れる家中川は古くからの農業、生活用水で、とくに夏場の水量が豊か。この地域の江戸期の基幹産業、絹織物生産の動力源にも水車が用いられたという。

「開放型らせん水車」なんて物があるとは思わなかったなぁ。模型で言うところのウォームギア、と同じような物かな? 映画「レッド・オクトーバーを追え」でのレッド・オクトーバーが装着している無音推進システム「キャタピラー・ドライブ」とは、あ、違いますねそうですね。

でも、こういうらせんを回転させることで発電するなんて話は初めて読んだ。しかも少ない落差で発電できる大規模な導水路も必要なく場所を選ばず設置も容易、って良い事尽くめじゃないか。

従来の水力発電システムと比べると取り出せる電力の量も決して多いものではない。が、それは「開放型らせん水車」をデカくして、より回転を多くできるようにしたら解決できるんじゃ?

それじゃ、デメリットはどういう感じなんだろう?
メンテがメンドくさい? ちょっと構造が複雑? ほかに導入している所がない(少ない?)から、先行投資額がちょっと高くなる? うーん、分からんなぁ。

何にせよ、これは面白そうだな。実際に見てみたいもんだわ。
実は札幌市は「隠れた水の都」らしいし。地下鉄のトンネルを掘るのにびしょ濡れになったとか、地下水からの圧力に負けて車両基地が浮き上がってこないように、真上の高層建築物の重さで安定させているとか、なんて聞いたことがあるぞ。

その他、大きな流れは豊平川、小さな流れだったら至るところで見ることができる。そういう一級河川から三級河川まですべての川にそういう発電システムを据え付けたらどうだろう? 札幌市全体から見たらその発電量は雀の涙程度なのかもしれないけど、あったらあったで面白そうじゃんね。上田市長、こんなのいかがっすか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.08

何がしたいの?

私の父が国鉄(~JR北海道)職員だったので、親は少し左系、なんだろうか。過去には社会党を支持していた。
そして、今の実家が苫小牧にある。選挙区だから、なのだろうか? それとも、社会党支持だった経緯があったから、なのだろうか? 祖父の葬儀の時に弔電を送ってくれた鳩山由紀夫元首相。地元から首相が出たことにちょっとばかり喜びもしたのだが、これは大いなる糠喜びだったようだ。というか、選挙区から、北海道から、国を迷走させる火種を次々に落としていく人間を排出させ、短い間ではあるけれど内閣総理大臣まで務めたのは、素直にすごいとは思うんだけど、その、他に適任者はいなかったのか大いに疑問なんだよね。北海道民として恥ずかしいんだけど、鳩山由紀夫氏自体は「道産子」じゃないんでしょ? その点だけは救いではあるかな。

口を開けば変に話をこじらせて、まとまるものもまとまらなくなってしまうその資質。与党、野党垣根を越えて「今は時期じゃない」「行くの止めてくれない?」なんて声が上がっているのにも関わらずに強行したイラン渡航。何がしたいのかがさっぱり分からない。

 
【参院予算委】
鳩山氏のイラン訪問中止要請へ 自民・山本氏「羽交い締めにしてでも…」

2012.4.5 11:33 鳩山由紀夫


Plc12040511340010p1 参院予算委員会で自民党の山本一太氏の質問に答える野田佳彦首相=5日午前、国会・参院第1委員会室(酒巻俊介撮影)

 野田佳彦首相は5日午前の参院予算委員会で、鳩山由紀夫元首相が6日からイランを訪問し、アフマディネジャド大統領との会談を予定していることについて「国際協調の立場と整合的でなくてはいけない」と懸念を示した。首相は「訪問は政府、民主党の要請ではない」と述べ、鳩山氏個人の活動であると強調。その上で「本人から直接話を聞くなど、意思疎通をはかる」とも語り、5日にも鳩山氏と接触して訪問中止を求める可能性に言及した。

 玄葉光一郎外相は鳩山氏の訪問中止を求めた自民党の山本一太氏の質問に対し「そういう思いもなくもない。働き掛けを全くしていないわけではない」と述べた。さらに「あたかも政府の代表であるかのように行って政府の方針と違う立場で臨む二元外交にならないよう慎重な対応を促したい」と語り、政府に事前の説明や相談がなかった鳩山氏に不快感を示した。

 鳩山氏は9日まで訪問予定。米軍普天間飛行場の移設問題で迷走した鳩山氏が元首相として外交に携わることには党内外から批判が出ている。山本氏は「絶対ろくなことにならない。日本の国益のために羽交い締めにしてでもやめさせてほしい」と訴えた。

これほどまでに与野党が一致するのも珍しいと思うのだが、その張本人はどこ吹く風、なんだろうなぁ。政府だってお願いしているのに。

鳩山氏のイラン訪問 政府が中止要請

2012.4.5 21:38 鳩山由紀夫


Stt12040521410009p1 衆院本会議に臨む鳩山由紀夫元首相=5日午後、国会・衆院本会議場(酒巻俊介撮影)

 鳩山由紀夫元首相のイラン訪問をめぐり、政府は5日、鳩山氏に渡航中止を要請した。だが、鳩山氏はアフマディネジャド大統領らとの会談も調整済みとして要請を拒否。予定通り6日から4日間の日程で訪問する意向を示した。政府は、核開発を進めるイランに対し欧米諸国と連携して圧力を強めようとしているが、元首相のスタンドプレーを食い止めることができないでいる。

 玄葉光一郎外相は5日、国会内で鳩山氏に「せめて延期をしてほしい」と要請した。しかし、鳩山氏は会談後、記者団に「政府しか外交ができないということでは、この国はもたない。イランに友人として言うべきことを言って武力的な行動が起きないように努力したい」と語った。

 野田佳彦首相は5日の参院予算委員会で「わが国の国際協調の立場と整合的でなければならない」と懸念を表明。藤村修官房長官も記者会見で「政府や党として行うわけではなく、個人のまさに旅行ということになる。外交ではない」と述べたが、訪問を阻止することはできなかった。

 鳩山氏といえば米軍普天間飛行場移設問題をめぐり「最低でも県外」と主張し、問題を迷走させた張本人。自民党の小泉進次郎青年局長は記者団に「今さら何をやっても驚きませんね。民主党の外交顧問ですから『民主党の外交』を担われているんじゃないですか」と皮肉った。

個人の旅行でアフマディネジャド イラン大統領に会うってか? 世界がイランに対して強硬な姿勢を取っている中で、さて、何の話をするんだか。口から出まかせ出放題で今度は国内外から批判されるんじゃないのか?

鳩山元首相テヘラン入り、大統領らと会談へ

2012.4.7 22:19

 民主党の鳩山由紀夫元首相は7日、イランの首都テヘランに到着した。8日夜まで滞在し、アハマディネジャド大統領やサレヒ外相、核交渉責任者を務めるジャリリ最高安全保障委員会事務局長らと会談予定。

 日本政府や民主党内から訪問の中止や延期を求める声が相次いだが、鳩山氏は出発前「一人一人の外交努力が国益に資することはある。イランが決して武力的な行動を起こさないようにしたい」と話していた。(共同)

確かに日本はあ の 三 ヵ 国以外の国とは仲良くやっていけると思う。だけど、今この時期に渡航するだけの理由がどこにあるんだろう? また変な事を言ってイランに利用され、世界から冷たい目で見られるがオチなんじゃないかと思うのだが。変なことを何も話さないで、妙な尻尾を付けられたり、それを握られたりしないで無事に帰国して欲しいものだ。

その上で可能なら、座敷牢に幽閉してもらえないかな。

ちなみに私は科学雑誌 ムーを長いこと読んでいるが、そこに「ミラクル対談」として、鳩山由紀夫夫人、鳩山幸さんと池田明子さんによる連載があったが、鳩山由紀夫氏の首相就任以来、その連載もなくなったような・・・。で、鳩山幸さんに関するリンク先を見てもらえば分かるが・・・、あ の 三 ヵ 国の内の一ヵ国に対して造詣が深く、かの国の芸能人を首相官邸に招いて手料理でもてなすこともあった、なんて記述があった。それだったら鳩山由紀夫氏の東アジア共同体思想も納得がいく。奥さんがアレで本人が自虐史観の持ち主のコレだったら、やっぱり座敷牢に幽閉した方がいいんじゃないだろうか。先述のはいささか冗談の気持ちも入っていたが、これはガチでマジ。鳩山夫妻そろって国益にならん。

ムーの対談連載だけを知っていたならばどんなに幸せだったろうか。検索するにつれて、トンデモな香りが漂う日本人ではない別の人種という気もしてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012.04.07

見たくなかったなぁ

国道を歩いて銀行へ行く途中のことだった。
信号に引っかかった。その信号に従って動き出す車がいなかったら、状況によっては信号無視もしていたかもしれない。が、その時は個人タクシーが右折の合図を出して信号が変わるのを待っていた。

「はー、ピカピカにしているねぇ。まだタイヤはスタッドレスか」などと取り留めもなくその個人タクシーの右折を見ていたら、結構なスピードでかっ飛んでくるチビチャリの若いもんが、減速もせずのそのスピードのまま横断歩道に突入していった。

なんか嫌な予感がした。
チビチャリの若いもんはラインが交錯する右折の個人タクシーに「特攻」でもやらかすんじゃないか、なんて思った。しかし個人タクシーは、そのチビチャリの存在に気付いていないのか、ユルユルと右折続行中。

してチビチャリの若いもんは、右折の個人タクシーが止まると思い込んでいたのか、あるいは、その個人タクシーの鼻っ面をかすめるようにして横断しきれると思っていたのか、その辺は分からない。

そして次の瞬間、個人タクシーが急ブレーキを掛けたタイヤの鳴く音が聞こえた。してチビチャリの若いもんは、個人タクシーに進路を阻まれ、ラインを大きく外した。しかしその先は歩道の段差が待ちかまえていたのだろう、そこでバランスを崩してチビチャリから投げ出されるように歩道に倒れ込んだ。

私は個人タクシーのブレーキの音しか聞いていない。が、ひょっとしたら軽く接触もしたのかもしれない。個人タクシーはその場に止まり、左後ろドアを開けて若いもんに何や話しかけている様子。行き交う車の音で会話の内容までは聞くことはできなかったが、まぁ、大体のところは想像がつく。

さて私はどうしようか? 一町先の交番に駆け込んで、警察官に見たままのことを話すか、それとももうちょっと事態の推移を見守るか?

事態の推移を見守ることにした。個人タクシーの運転手は車から降り、トランクを開けてチビチャリを積み込もうとし始めた。若いもんはその個人タクシーの中か? いずれにしても、それで事態の収束を図ろうとしているように見えた。その際に「誠意」という名の何かの受け渡しがあったのか、あるいはこれからあるのか、その辺りも分からないが、とにかくその場から個人タクシーとチビチャリの若いもんの姿は消えた。

この件に関してどっちが悪いと問われれば、やっぱり個人タクシーの運転手の安全確認不励行ということで、個人タクシーの方が悪者にされてしまいそうではある。が・・・、「偶然にも」個人タクシーの死角の中をかっ飛んでしまい、そしてそのまま個人タクシーの鼻っ面に現れてしまった若いもんにも、ある程度以上の過失があるようにも思えるんだよなぁ。だって、減速しないでそのまま突っ込んで行ったんだぜ。普通、目の前に車が現れたらブレーキを掛けると思うんだけど、その若いもんはラインの変更とスピードで個人タクシーをかわそうと試みた。その判断が間違っているように思うんだよ。

チビチャリと車がケンカしたってチビチャリに勝ち目なんかないじゃん。下手したら命だって落とす可能性も否定できないよな。当たり屋のような確信犯だったら、ブレーキを掛けて車の側面に突っ込み、ボンネットの上を転がるなんてこともやるかもしれないけど、その若いもんにそこまで考えていたとも思えないしなぁ。

でも、勝ち目がないケンカだったら、しようとは思わないよな。命を賭けるだけのケンカとも思えないし。

結局何なんだろう? 自分の身は自分で守る、って意識が欠けているのか、それとも想像力が貧困なのか、私ゃ分からないよ。

mixiとブログに同時投稿。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.05

シェーバーレストア

平成元年、札幌での一人暮らしをするに当たって入手した品の一つがこのナショナルのシェーバーなのだ。


Img_1166Img_1167Img_1169

Img_1171形式名はRC1h、なのかな? それとも、背面に刻印された ES611 なのかな?

が、さすがに四半世紀近い時間が流れると、さすがにフルチャージしても稼働時間がはっきり分かるくらいに短くなった。だが、まだヒゲは剃れると思っていたのだが、剃っている間にだんだんモーターの音が弱くなり、最後には止まってしまうという事態にまで陥ると、さすがに「もう寿命かなぁ」なんて思った。が、ヨドバシカメラで同等品を探すと、バブル期に製造された我が手にあるこの機種と比べると、いささか性能に不満があるのだ。

何処でも手に入る乾電池式だと流石に1,180円と安いが、いざ使おうと思った時に電池がない、なんてことも有り得そうだしなー。私のようにデジカメ用にアルカリ乾電池の大人買いをして冷蔵庫保管をしている人間ならまだしも、いざというときに電池がないというのは、やっぱり痛い。ならば充電式はと言うと、2,110円とちょいと高くなる。が、そこはそれで納得もしよう。納得できないのは、充電に8時間掛かるっていうこと。

私のヤツは、たとえ残電力がなくても、5分もコンセントに差しておけば、とりあえず1回分はなんとかなる。
メーカー問わずだったら充電式の回転刃シェーバーもナショナルパナソニックと比較すると安いのだが、やっぱり充電に8時間かかる。夜寝る前にコンセントに差しておけば済む話ではあるけれど、私のヤツの急速1時間充電を知っていると、さすがに見劣りしてしまうんだな。

じゃどうする? (゚∀゚) 中のバッテリーを替えたらいいんじゃね、と思いつき、早速検索に取り掛かった。するとどうだろう、使い勝手がいい隠れた名機、なんて文字も見つけることができたし、価格.com ではバッテリー交換に関する有意義な情報が交換されているではないか。とっくの昔に捨ててしまった取扱説明書の pdf ファイルへのリンクまで書き込まれている。そやつをダウンロード&プリントアウトし、あとはバッテリーの調達と、半田ゴテの用意だけだ。その説明書で、シェーバーの背面に刻印されている ES611 が製品名(機種番号?)だと知った。ちなみに兄弟機種と思われる ES612 は、もみあげ用のキワ剃りの刃がついているモデルだ。

バッテリーは幸いなことに、ヤフオクで我がシェーバー ES611 に適合する純正品が、新品で、しかも安価で出品されていた。迷うことなくぽちっとな。バトル相手もおらず、出品価格で無事に落札できた。あとは半田ゴテ。確か100円ショップにも売っていたよなぁ、なんて思って心当たりを探してみるもすべて空振りだった。仕方がないのでホームセンターでお買い上げ。980円也。ギリギリのサバイバル生活をしている身としては、落札価格+送料+振込手数料だけでも痛いのに、さらに980円・・・。ヨドバシカメラで乾電池式の新品を買った方が安かった。8時間充電に目をつぶったとしても、そっちの方がいくらか安かった・・・・・・。ま、まぁ、今後同様な事に対処するために、あるいは電子工作に目覚めてしまった時のための先行投資と考えよう。

あ、ちなみに、充電時はこんな感じで、コンセントに差すと赤い LED が光る。これで1時間充電して、さてスイッチオンとすると、5分と持たない。逆に10分充電の方が長く持ったような気がするのだが、気のせいか?

Img_1172Img_1173

じゃ、バラしましょ。Img_1175びんぼう人の味方、100円ショップの精密ドライバー。左から2本目のプラスドライバーを使って、背面に一個だけあるネジを外して「割る」。するとこうなる。Img_1184真ん中の基盤の右、紙に包まれた筒状の物体がバッテリーだな。そのバッテリーを取り外すのだが、説明書の左側は比較的簡単に外すことができたんだけど、右側は説明書通りじゃないじゃないか。Img_1188半田ゴテを当てて半田を融かし、捻ったりドライバーで突いたりして何とか取り外すことができたのだが、これは、基板から生えている鉄板のスリットに、バッテリーのタブが差し込まれていて、それを半田で固定している、なんて感じだった。

そして、なんとか摘出したバッテリーだけど・・・、+と-の表示がねぇ。摘出したバッテリーの紙を剥がしてみれば、意味がありげな くびれ と赤いマーキングが施されていた。画像では赤いマーキングはうまく見えないな。

Img_1199

ならば、新品のバッテリーの紙の上から くびれ を確認し、意味がありげな緑のマーキングを信用して、この向きでイイや、と覚悟を決めた。組み直して動かなかったら、バッテリーの向きを逆にするだけだ。まぁ、ニッカド電池は熱に弱いらしく、長いこと半田ゴテを当てているとあまり良いことがない、なんてオドシもどっかで読んだけど、気にしない。気にしない。気にしないったら気にしない。

そして組み直し。割った時に赤い丸で囲った部分の爪が折れてしまったが、実用上は何の問題もあるめぇ。

Img_1205Img_1206

真ん中の大きい爪だけ残っていればダイジョブだべ、多分。

Img_1207

組み直し完了。スイッチオン。ヴィーーーーーーーーーーーー。
大成功である。これで、入浴時になかなかうまく剃れなかった後でこやつを稼働させれば、とりあえずはツルスベお肌になれる。また、無精ヒゲを剃る時にも、ばちばちばち、と小気味良い音を立ててヒゲを刈り取ってくれることだろう。

うん、イイ暇潰しになったよ。使えなくなった物が再生するってのは気持ちのイイもんだね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012.04.04

もう最後にします

もう4月だというのに吹雪いている中、面接に行ってきた。
面接の担当者の人柄によるものか、大変和やかに、そして話したいことを9割は話せたような気がする。ただ、職種がパソコンのテクニカルサポートだ。話したいことを9割話せたと言っても、やはり多かれ少なかれ緊張して言葉に詰まってしまうことも多々あった。3ヶ月の研修があると言っても、半分以上はOJTだ。つまり、ちょっと知識をつけられたらその時点で現場に放り込まれる、という訳だ。

無口さには自信があるのだが、シゴトは全く正反対。掛かってきた電話を取り、電話の向こうでテンパっている人のパソコンのトラブルを噛み砕いて理解し、その上で適切な対処の方法を電話で話すんだ。できるか? 実際のところ分からない。が、あまり自分には向いていないようなシゴトのような気もする。

面接の前にパソコンに関する一般常識的な問題があったが、その点ではかなりの高得点だ、と面接の担当者は言ってくれた。・・・・・・デジャヴか? もうかなーり以前に同じ名前を持つ会社の面接を受けた時も同じような事を言われたのだが、結局は不採用さ。

それでも、1時間以上時間を割いてくれたことはホントに嬉しかった。

が、それで終わりじゃないんだな。
昨日、留守番電話に伝言を吹き込んだ会社に電話をしてみて「何の用か」と尋ねたら、「申し訳ないがこの度は不採用ということで・・・」はー、なるほどなぁ。と電話が終わってまもなく、A4サイズの紙がすっぽり入るでっかい封筒が届いた。封筒にはハローワークから紹介状を出してもらった企業名が書かれている。ここも玉砕か。

ホント、やりたいことと出来ることって違うんだよね。いくら Excel の検定試験で2級合格、なんて書いても、実務経験がないとタダの紙っきれに過ぎないんだよね。


といって、肉体派のシゴトにアタックを掛けても、「申し訳ないけど」「残念ですが」「恐縮ですが」の紙っきれと履歴書が返ってくるだけ。


私は長く働きたいんだ。履歴書を書くのはこれっきりにしたいんだ。でも、もう詰まっちゃった。
もう開き直るしかないんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.02

ルパン・トレイン

じゃ、音が出るけど、最初にこれを。

昔見ていたテレビシリーズのルパン三世で、確か霧多布が舞台のストーリーがあったと記憶している。
余命いくばくもないと思われる老刀鍛冶が、石川五右衛門の斬鉄剣に勝る刀を作ろうと、執念というか妄念というか、とにかく憑り付かれたかのように刀を打ち続けるんだ。孫と思われる女子高生(女子中生?)に、斬鉄剣の秘密を探らせようと、ルパン一味に接近してかどわかす、なんてこともあったな。

で、五右衛門は雪の降る中、海に近い岩の上で刀を構えて迷走しているのだが、五右衛門の体の上に雪が積もっても刀に触れた雪は融ける、なんていう秘密を見つけ出し、これで斬鉄剣に負けない刀ができる、と思って打ち続ける刀鍛冶。

最後は結局、ルパンが斬鉄剣と刀鍛冶が作った刀をすり替えて、五右衛門が練習で切る稲わらの中に斬鉄剣を仕込んだことで、五右衛門がショックを受けて落胆し、老刀鍛冶に花を持たせた、なんて感じだったように思う。

で、そのエピソードってのは、原作者のモンキー・パンチさんが育った環境を舞台にしたものなんじゃないだろうか。って↓のような記事を読んでしまうと、そんなことも思ってしまう訳で。

「ルパン三世」列車、原作者出身地を快走


201204029543061l ラッピング列車の前で記念写真に納まる出発式の参加者(1日、JR茶内駅で)

 JR根室線のラッピングトレイン「ルパン三世」の出発式が1日、原作者で北海道浜中町出身の漫画家、モンキー・パンチ(本名・加藤一彦)さん(74)を迎え、同町の茶内駅で開かれた。

 釧路―根室間を3年間、定期運行する予定。

 同町など根室線の沿線自治体が、ルパン三世を観光の呼び水にと原作者側に呼びかけ、実現した「モンキー・パンチプロジェクト」の第1弾。茶内駅には町民ら約200人が集まり、1両編成の列車をルパン三世のテーマ曲が出迎えた。

 列車の側面にはルパンや峰不二子、銭形警部などおなじみのキャラクターが描かれており、モンキー・パンチさんは「浜中町を出て55年。列車を見た時は目頭が熱くなった」と話していた。

(2012年4月2日10時12分 読売新聞)

だけど、テレビシリーズでも映画でもテレビの映画枠を使ったテレビスペシャルでも、ルパン三世ではあまり鉄道に関わるネタってなかった気がするなぁ。ルパンのジャケットが緑色の最初期のルパン三世では、鉄道信号の青に赤い塗料を水鉄砲で撃つことで列車を止める、なんてシーンもあったかな。でも、最初にそれを見た時も「ンなバカな」なんて思っちゃったもんなぁ。

鉄道信号の色の並び方ってのは決まっている筈だし、その変な信号を見たところで急ブレーキってったって、そうそう簡単に・・・・・・、ニッポンの鉄道じゃなかったら可能なのかな?

っと、細かいことは置いといて、この列車を見るためだけに釧路に行くっていうのもアリかな? クルマで日高山脈を越えてもイイし、JRで鉄輪の音をBGMにして流れる車窓を楽しみながらのんびり行くってのもイイし。3年の間に見に行ってやるぞ~。

それにつけても・・・、ルパン三世のテーマ曲って色々なバージョンがあるんだけど。どの曲で出迎えたのかなぁ? で、個人的にはルパン三世’78が好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.01

日欧燃費合戦

今しばらくはガソリン、ディーゼルエンジンを主とした自動車の天下が続くと思っている。たまに、三菱の i-MiEV日産のリーフ、多分ミニバイク的な扱いであろう小さな電気自動車を見かけることもあるが、量的にはやっぱりあまり多くはない。むしろ、トヨタやホンダのハイブリッド車を見かけることの方が多い。あとは、エンジンの効率を突き詰めていって、トランスミッションをCVTにして、一番燃費の良いところで回し、停車時にはアイドリングをストップさせるクルマが、まぁ燃費を狙った車としてはよく見かける。

日本でこうならヨーロッパならどうだろう、と目を向ければ、エンジンのダウンサイジングで燃費を稼ぐ車が多くなってきているそうだ。

 
【すごいぞ!ドイツのキーテク】
排気量ダウンサイジングでエコ VWのTSIエンジン

2012.3.31 12:00 くるま


Biz12033112000028p1 VW日本法人のジェリー・ドリザス社長と「ゴルフ」の新モデル

 独フォルクスワーゲン(VW)が、燃費性能向上と排ガス規制対応のため、エンジン排気量のダウンサイジングを加速している。「TSIエンジン」がその代表で、2007年に1400ccのタイプを投入後、10年には1200cc、今年は最小の1000ccエンジン搭載の小型車を日本でも発売する。日系各社がハイブリッド車(HV)など電池やモーターを使った「電動化」を中心に燃費性能向上を図っているのに対し、VWは排気量を下げてガソリンエンジンの環境性能向上を図る戦略だ。

 エンジンの排気量を下げると燃費は改善されるが、その一方で出力が低下する難点があった。これを克服し「HVに匹敵する燃費、環境性能を実現した」(VW日本法人のジェリー・ドリザス社長)と強調するのが、出力をターボチャージャー(過給器)で補うTSIエンジンだ。

 同エンジンはガソリンを霧状にして直接、シリンダー部に高圧で吹き付ける直噴エンジンと過給器を組み合わせた。直噴エンジンだけでも燃焼効率が上がるため燃費性能や出力は向上するが、直噴によってシリンダーが冷却され、過給器でより多くの空気を押し込むことでさらに燃費性能や出力が向上する。

 現行の主力車「ゴルフ」と「ポロ」に搭載されているTSIエンジンは、排ガスでタービンを回し、シリンダーに圧縮した空気を送り込む過給器を搭載。排気量は1200ccだが、従来の過給器なしの1600ccエンジンと同等の最高出力105馬力を持つ。燃費も1400ccのTSIエンジンより4%向上させた。

Biz12033112000028p2 1200ccのTSIエンジン

 TSIエンジンの進化には、日本メーカーが製造する過給器の進化が寄与した。低回転域でトルクを最大化するには、少ない排ガスでもタービンが回るように「タービンを小型化する必要があった」(VW日本法人担当者)。ただ、VWに過給器を供給している三菱重工業によると、タービンを小型化すると空気を送り込む効率が低下するという欠点があるため、「タービン翼を限界まで薄く製造する鋳造技術の向上などが必要だった」(萩田敦司ターボ技術部長)という。

 今年後半にVWが日本でも発売する1000ccのエンジンを搭載した小型車「UP!(アップ)」は直噴方式ではないが、1200ccタイプより1気筒少ない3気筒にした。これにより、1200ccエンジン搭載のゴルフがガソリン1リットル当たり17.0キロの燃費性能だったのに対し、アップは20キロ超とみられている。

 もともと過給器は、1980年代前半はガソリンエンジンに比べ出力が弱かったディーゼルエンジンに主に使われていた。VWも90年代初めに1900ccのディーゼルに過給器を搭載したゴルフを販売していた。ただ、90年代半ばごろから欧州で排ガス規制が強化されたのに伴い、各社は排気量を抑える方向にシフト。欧州車メーカーは将来のバイオエタノールなどの代替燃料にも対応できるようエンジン自体の効率化、低燃費化に力を入れてきた。

 VWだけでなく、BMWやプジョーなども開発を進め、BMWは昨年発売した「328i」のエンジンを従来の3000ccから2000ccに下げ、燃費を24%改善させるなど、ダウンサイジングは欧州では電動化と並ぶ一つの潮流となっている。

 日本メーカーは電動化に力を入れるところが多いが、ガソリンエンジンの時代はまだまだ続くだけに、欧州勢に対抗する一層の低燃費化技術が求められる。(大坪玲央)

記事ではワーゲンがピックアップされているけど、ワーゲンの仲間(?)のアウディもそんなことをしていたと記憶しているし、記事の最後の方にはBMWやプジョーもエンジンのダウンサイジング化に取り組んでいるとある。

っつか、小排気量エンジンにターボ付けるってのは、ニッポンのお家芸ではなかったか? 今でこそ絶滅種になっているけど、元々商用バンだったクルマにターボをぶち込み、自主規制値で64馬力を発生させていたスズキのアルトワークス、スバルのヴィヴィオ、ダイハツのミラ アヴァンツァートなんてのは、まさにそのものだったじゃないか。私自身も平成7年式のアルトワークスに乗っているけど、長距離を走ればリッター20キロにも手が届こうとする燃費を稼ぎ出す。また、時代を先取りしたアイドリングストップ機能も付いている。

いや、エンジンが軽く暖まった状態で再始動を試みると、アイドリング回転が上がらないんだよね。その状態で走り出して交差点で止まるや否や、メーターパネルに各種警告灯が灯るという・・・・・・。いや、このクルマを手に入れてからずっとそういう症状を持っていたから、まぁこんなもんだ、と思っているけど。で、ふとした拍子に数百回転アイドリング回転が上がり、それからは全く正常に・・・、いや、正常でもないな。今度はアイドリング回転が高値安定になって、走っていてエンジンブレーキが効かない、なんてこともあったりするんだけど、さすがにそういう持病を抱えているクルマと長い間付き合っていると、それの対処の仕方、気持ちの持ちようもしっかり培われたもんな。エンジン不調だ、なんてありきたりな答えはナシだぜ。

ちょっと脱線したな。
でも、軽自動車のパワーアップのためのターボ技術が、直接的ではないにせよ、ヨーロッパ車のエンジンのダウンサイジングにも寄与している、んじゃなのかなぁ。だったら、64馬力軽自動車ってのは、ニッポンの誇りだと思ってもいいんじゃない?

ちなみに、クルマに世界において日本が世界に誇っていいものとして私が勝手に思っているのは、ツインカムターボにフルタイム四駆の軽自動車、FR、ミッドシップ、RRとスポーティなクルマに相応しいかもしれないパワートレーンを備えた軽トラック(^^;、ただ、RRはスバルが軽自動車から手を引いたから新車で手に入れることは叶わなくなったけどね。で、当時で一番厳しいと言われたマスキー法に挑み、最初にクリアしたホンダのCVCC、そして、これも世界で唯一製品化に成功したマツダのロータリーエンジン、なんて具合かな。

まぁ、電動化に力を入れるのもイイけど、従来の普通のエンジン車を徹底的に見直すってのもアリなんじゃないのかな。あ、マツダのスカイアクティブエンジンとか、ダイハツのミラ イースとかも見直した結果になるのかな?

ただ、燃費を追求するためにマニュアルトランスミッション車がないがしろにされている現状にはちょっと納得がいかないなぁ。確かに新車で売られる車の9割がオートマチックトランスミッション車であるという現状からすると、売れないクルマを作ってもねぇ、なんて言われそうだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2年

前職を離れてから2年経った。色んなことがあった。が、まだ新しい職には就けていない。明るい将来なんてとても見えない。嗚呼。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »