« シェーバーレストア | トップページ | 何がしたいの? »

2012.04.07

見たくなかったなぁ

国道を歩いて銀行へ行く途中のことだった。
信号に引っかかった。その信号に従って動き出す車がいなかったら、状況によっては信号無視もしていたかもしれない。が、その時は個人タクシーが右折の合図を出して信号が変わるのを待っていた。

「はー、ピカピカにしているねぇ。まだタイヤはスタッドレスか」などと取り留めもなくその個人タクシーの右折を見ていたら、結構なスピードでかっ飛んでくるチビチャリの若いもんが、減速もせずのそのスピードのまま横断歩道に突入していった。

なんか嫌な予感がした。
チビチャリの若いもんはラインが交錯する右折の個人タクシーに「特攻」でもやらかすんじゃないか、なんて思った。しかし個人タクシーは、そのチビチャリの存在に気付いていないのか、ユルユルと右折続行中。

してチビチャリの若いもんは、右折の個人タクシーが止まると思い込んでいたのか、あるいは、その個人タクシーの鼻っ面をかすめるようにして横断しきれると思っていたのか、その辺は分からない。

そして次の瞬間、個人タクシーが急ブレーキを掛けたタイヤの鳴く音が聞こえた。してチビチャリの若いもんは、個人タクシーに進路を阻まれ、ラインを大きく外した。しかしその先は歩道の段差が待ちかまえていたのだろう、そこでバランスを崩してチビチャリから投げ出されるように歩道に倒れ込んだ。

私は個人タクシーのブレーキの音しか聞いていない。が、ひょっとしたら軽く接触もしたのかもしれない。個人タクシーはその場に止まり、左後ろドアを開けて若いもんに何や話しかけている様子。行き交う車の音で会話の内容までは聞くことはできなかったが、まぁ、大体のところは想像がつく。

さて私はどうしようか? 一町先の交番に駆け込んで、警察官に見たままのことを話すか、それとももうちょっと事態の推移を見守るか?

事態の推移を見守ることにした。個人タクシーの運転手は車から降り、トランクを開けてチビチャリを積み込もうとし始めた。若いもんはその個人タクシーの中か? いずれにしても、それで事態の収束を図ろうとしているように見えた。その際に「誠意」という名の何かの受け渡しがあったのか、あるいはこれからあるのか、その辺りも分からないが、とにかくその場から個人タクシーとチビチャリの若いもんの姿は消えた。

この件に関してどっちが悪いと問われれば、やっぱり個人タクシーの運転手の安全確認不励行ということで、個人タクシーの方が悪者にされてしまいそうではある。が・・・、「偶然にも」個人タクシーの死角の中をかっ飛んでしまい、そしてそのまま個人タクシーの鼻っ面に現れてしまった若いもんにも、ある程度以上の過失があるようにも思えるんだよなぁ。だって、減速しないでそのまま突っ込んで行ったんだぜ。普通、目の前に車が現れたらブレーキを掛けると思うんだけど、その若いもんはラインの変更とスピードで個人タクシーをかわそうと試みた。その判断が間違っているように思うんだよ。

チビチャリと車がケンカしたってチビチャリに勝ち目なんかないじゃん。下手したら命だって落とす可能性も否定できないよな。当たり屋のような確信犯だったら、ブレーキを掛けて車の側面に突っ込み、ボンネットの上を転がるなんてこともやるかもしれないけど、その若いもんにそこまで考えていたとも思えないしなぁ。

でも、勝ち目がないケンカだったら、しようとは思わないよな。命を賭けるだけのケンカとも思えないし。

結局何なんだろう? 自分の身は自分で守る、って意識が欠けているのか、それとも想像力が貧困なのか、私ゃ分からないよ。

mixiとブログに同時投稿。

|

« シェーバーレストア | トップページ | 何がしたいの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46814/54412471

この記事へのトラックバック一覧です: 見たくなかったなぁ:

« シェーバーレストア | トップページ | 何がしたいの? »