« 【Digital】解決は、意外な形で訪れた・・・【Archives】1998(平成10)年4月01日 水曜日 NHK-FM 23:15~ クロスオーバー・イレブン リクエスト特集、ディープ・フォレスト、リッピントーンズ フィーチャリング ラス・フリーマン | トップページ | あれ~、おかしいなぁ »

2014.06.05

なんだ、このクソ暑さは

私が住んでいるのは北海道の都、札幌で、気候的には冷涼な亜寒帯湿潤気候に分類される、そうだ。

だが、ここ数日、妙に暑い。アジトがぼろアパートだからか、と思っていたら、やっぱり暑かった。スマホに表示される天気予報を見れば、太陽マークが真っ赤っか。何だよ34度って。Img_2605_2


具体的な数値を知ってしまったら、壁にかけてある温度計も見なきゃ気が済まない。が、赤い液体の上がり具合を見ると、余計に暑くなってしまった。Img_2599_2


個人的には、この時期の札幌の風物詩になってしまったよさこい騒乱まつりに合わせて、酷暑とゲリラ豪雨に襲われてほしいのだが、そこは風神様と雷神様の気持ち次第なんだろうなぁ。まさか、平岸天神、なんて集団に遠慮して、湿度も低く気温も25度くらいで推移、なんてことになったりする?

まさか、地球温暖化が目に見える形で表れてきた、なんてことはないよなぁ。鼻くそほじりながらトラックボールの玉を転がしていたら、あながちそれも冗談で済まなくなりつつあるのかもしれない、そんなニュースを見つけてしまった。

北限のブナ、さらに北へ 12キロ先に、温暖化と関係か


 北海道南部の黒松内低地帯とされてきたブナ自生地の北限が、さらに12キロ北にあることが、森林総合研究所北海道支所の田中信行地域研究監(森林生態)らの調査でわかった。新たに見つかったのは直径約70センチのブナを中心とした約40本の小さな個体群。田中研究監は「北限のブナが分布拡大の途上にあることがはっきりした」として、温暖化との関係にも注目する。

 新たな個体群が見つかったのは、ニセコ山系に連なる日本海に近い雷電山の中腹(蘭越町と岩内町境の標高約625メートル付近)の北斜面。林と呼ぶにはまだ小さな群だが、約1ヘクタールの範囲にブナがばらばらに生え、大きさもまちまちであることなどから、自然に生えたものと判断した。田中研究監は「カケスなどの野鳥が種子を運び、育ったブナが実を結んだ後、その実から育ったブナたちが個体群を形成した」と推測する。

 田中研究監は昨年10月、地表を覆うササをかき分けて林の中に分け入り、約10本のブナを発見。今年4月の残雪期には、黒松内町ブナセンターの斎藤均学芸員らと2日かけて再調査し、ブナ41本(直径約3~70センチ)を確認した。ブナが芽吹く5月中旬には小型飛行機に乗り、若葉の色の違いから小集団の存在を再確認した。

記事の続きを読みたかったら登録しろ、なんてあったけど、じきにこのニュースは他のメディアにも取り上げられるだろう。登録なんて、ふんっ、とほじくった鼻くそを指で弾いて諦めるが、実際のところはどうなんだろうね。青函トンネルが北海道と本州を繋いだおかげで、本州由来の動植物だったりが北海道に上陸していたり、その逆もまた然り、なんてことも聞く。実際のところはよう知らんけど。

ただ、私が言いたいのは

「お天道様、

出番早過ぎ」
、と、この一言に限るな、うん。

だって、10日ほど前には暖房機のスイッチをも入れていたんだぜ。こうも一気に来ると体の調子も悪くなるわ。ホントにも~。

ポチッとよろしく!

|

« 【Digital】解決は、意外な形で訪れた・・・【Archives】1998(平成10)年4月01日 水曜日 NHK-FM 23:15~ クロスオーバー・イレブン リクエスト特集、ディープ・フォレスト、リッピントーンズ フィーチャリング ラス・フリーマン | トップページ | あれ~、おかしいなぁ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46814/59759077

この記事へのトラックバック一覧です: なんだ、このクソ暑さは:

« 【Digital】解決は、意外な形で訪れた・・・【Archives】1998(平成10)年4月01日 水曜日 NHK-FM 23:15~ クロスオーバー・イレブン リクエスト特集、ディープ・フォレスト、リッピントーンズ フィーチャリング ラス・フリーマン | トップページ | あれ~、おかしいなぁ »