« ランタボや ああランタボや ランタボや | トップページ | 一粒で、何度美味しい? »

2014.07.01

こりゃーイイ。だけど・・・

先日、ダイソンの掃除機が当たるかも、に誘われて今のスズキの看板文句である「エネチャージ」とは何ぞやを知りたくて、乗りたいクルマを押さえておくようにと電話してから、某スズキディーラーに行ってきた。

乗りたいクルマ? そりゃーMT一筋の私にとって、現行のスズキ車で乗りたいクルマはスイフトスポーツに決まっておろう。

いまどき新車の試乗車じゃ珍しいMT車だし、体が自分のクルマの感覚に特化していることもあって、走り出しはエンストぶっこくんじゃないかと思ったけど、そこはそれ。右足と左足を会話させて、そろーりそろりと走り出した。まぁ、それにしても静かなもんだ。アイドリング状態だと、タコメーターを見ないとエンジンが回っているのかどうかも分からないくらいだった。

それでも、走り出したらシフトストロークが短くて、おまけにそれぞれのギア比が近いこともあって、我がクルマの走り出し状態の時にやる「1→N→2」でクラッチも二度踏みなんて癖もスイフトには不要だった。エンジン、ミッションがそれなりに温まったら、手首の動きだけでシフトチェンジできる。エンジンもテンロクなので、自分のクルマではできないダラダラ走りも可能。ただ、やっぱり全開にしたい訳よ。さすがに街中じゃ「理性を置き去り」にすることもできず、やれたことと言ったら、瞬間的に、瞬間的に、瞬間的に、瞬間的に、2速全開くらいなもんで。

3000回転を超えたあたりから、美味しそうな雰囲気というか、クルマが「もっと踏め」と語りかけてくるように感じて、その時は多分、顔がだらしなく緩んでいたことだろう。


だがしか~し。


タイヤがデカいんだよ。195/45R17 81W ってナンデスカ? 昔乗っていたハコカリもタイヤの太さは195だった。が、扁平率は60で直径は15インチ。17インチで扁平率45って、縁石アタックやキャッツアイ無視という愚挙をしようものなら、ホイールが歪んでしまいそうで、それが怖い。それに、夏用、冬用とタイヤを2セット持たないと生活できない北国だ。タイヤ8本、ホイール8枚確保するだけで結構懐が寒くなるだろう。国産タイヤにこだわらず、安価なアジアンタイヤを選択したとしても、やっぱりそれなりに値は張るんじゃないの?

それと、食わせる燃料がハイオクと来たもんだ。ガソリン価格に関してはもう何も書きたくないけど、今はセルフスタンドでレギュラー166円。ハイオクだとリッターあたり+11円、って感じか。燃料タンクが42リッターだから、燃料警告灯が点くまで走ったとしたら、大体30リッター位入るのかな。30L x 177円=5,310円也・・・・・・。

いや、イイんだけどね。今のご時世でやんちゃ系に振ったクルマがあること自体ありがたいと思わないと。
ハンドルを握っている間は理性をその辺に置くこともできるだろう。が、車庫なり駐車場なりにクルマを止めて、ふと我に返る瞬間が、ね。少子高齢化やエコカーの台頭でガソリンがダブついて安くなる、だの、景気回復で所得も倍増、なんて楽観論も耳にしたことがあるけど、それはいつの話だ?

でもって、スイフトスポーツをディーラーに返して、試乗で走った道を自分のクルマでも走ってみた。すると・・・、高揚感が違うんだな。大体、エンジンをかけた時だって、エンジンは存在感を猛烈にアピールしてくる。走り出すと、クルマの色んなところからギシギシ音がする。スイフトで2速全開にしたところで同様にしてみたら、やっぱり今の私にはこのクルマなんだな、と改めて思った。

少しずつ自分好みに手を加え、おバカな加工なんてこともやった。
高速道路に乗ってそれなりに頑張ってみると、カーステレオの音はエンジン音、排気音、風切音にかき消され、ボリュームを上げないと音楽も聞こえない。でも、それでイイじゃん。

タイヤ、こだわらなかったら安い。ガソリンもレギュラーでいい。
ターボがイきかけていて、チョイ乗りを繰り返すと、ルームミラーには煙幕が映る。このクルマに乗って10年以上になるけど、ディーラーで新車を試乗する度に、より我がクルマに愛着がわく。ドアは錆で穴が開いているし、考えてみたらその穴が開いてからは洗車もしていない。今じゃ開き直って、汚れや錆穴もモディファイと思うようにしている。

まぁアレだ。面白い話の主人公のクルマってのはボロいじゃん。意識的、無意識的、いずれにしても、そういうのに憧れているのかもしれないな。クルマ自体、ファニーフェイスだしね。


ポチッとよろしく!

あ、エネチャージってなんだったっけ?
電車における回生ブレーキみたいなもんだと理解したけど、それでイイのかな?

旧~いクルマをネタにして、エンジン取っ払ってバッテリーとモーターに載せ換えるコンバージョンEVのように、後付エネチャージキットなんか作ってくれないかしら。ほら、平成7年式の私のクルマには、時代を先取りしたアイドリングストップ機能がついているしさ。

|

« ランタボや ああランタボや ランタボや | トップページ | 一粒で、何度美味しい? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46814/59902122

この記事へのトラックバック一覧です: こりゃーイイ。だけど・・・:

« ランタボや ああランタボや ランタボや | トップページ | 一粒で、何度美味しい? »