« さぁさぁさぁさぁ、家にけぇれけぇれけぇれ | トップページ | じゅうろくまん »

2014.09.18

【Digital】23年前の韓国土産【Archives】1991年6月 社員旅行で行った韓国の露店で売られていたカセットテープ4本

今回取り上げるのはタイトルの通りで、社会人1年生の6月に社員旅行で韓国に行ったとき、ホテルの周辺をぶらついていたら見つけてしまった、ワゴン売りされていたカセットテープだ。その露店の主に「サムルノリのテープはないのか?」と拙い英語で尋ねてみたが、露店の主は朝鮮語(多分)でガーガーまくし立てるだけ。コミュニケーションの成立はあり得ないと諦めて、ワゴンのテープを吟味して、ハングル文字で印刷されたレーベルとハングル文字と日本語っぽい文字が手書きのレーベル、ハングル文字と英語が印刷されたレーベルと、とりあえず英語っぽい文字が手書きで書かれたレーベルの4本のテープを手に取り、と同時に手に持った紙幣を指さし「何枚だ?」とジェスチャーで尋ねたら、4枚だという。その相場が高いものなのか安いものなのか、日本人だからと足元を見られて吹っかけられたのかは分からない。

Img025_2Img026Img_2888Img_2889


Img023最初の1本は、韓国の流行歌、なんだろうか? まぁ、とにかく異国の言葉で歌われる異国の音楽だ。ただ、この手に入れたテープ4本は、ほとんど曲と曲の間がない。1曲終わりきる前に次の曲が強引に入ってくる。うーん、そうするんだったらクロスフェードにしてくれても良かったんじゃ? それとも、露店で売られる怪しいテープのほとんどが家内制手工業で、カットイン、カットアウトでただ無理矢理繋げただけ、なのだろうか。
このカセットテープメーカーは知らん。ずいぶんとハッピーなデザインだこと。カセットレーベルのデータ欄は、極々一般的なものだが・・・、23年以上経っていると、若い人の中にはカセットテープの存在自体を知らないかもしれないなぁ。

Img028Img035Img034


2本目からはレーベルに使われる紙が同じなので、これら3本はそんな家内制手工業としての一つのブランド、なのだろうか。だが、怪しい手書きの日本語があったり、そうかと思えば3本目の NEW KIDS ON THE BLOCK のカセットの曲名は英語、その他<>でくくってあるのは何だろ? たいていは作詞、作曲のクレジットが入るものだが、果たして・・・。4本目は完全に手書き。癖字があまりに酷く、解読しようにも本当にこれでいいのか不安になる。しかし、聞いてみるとどうもシャンソンらしい。「雪が降る」もあったし。

という訳で、手書きの怪しい日本語でかろうじて読めるような気がするレーベルを資料に、電脳の海へダイブする。



1、因幡晃 - わかって下さい
2、安全地帯 - マスカレード
3、もんた&ブラザーズ - ダンシング・オールナイト
4、早見優 - PASSION
5、ニック・ニューサ - サチコ
6、五輪真弓 - 恋人よ
7、日野美歌(?) - 氷雨
8、因幡晃 - 夏にありがとう


1、来生たかお - Goodbye Day
2、アルフィー - A Last Song
3、井上陽水 - 自己嫌悪
4、少年隊 - おしゃれ泥棒
5、安全地帯 - Jのブルース
6、C-C-B - 青いブランケット
7、もんた&ブラザーズ - KOBE
8、久保田利伸 - 流星のサドル


こんなもんか。

流石にこのダイブはかなり堪えた。
23年前に日本から何らかのルートで韓国に渡ったレコードが、粗悪な、粗悪な、粗悪なな海賊盤となり、現在こうして苦労しているという・・・。

大体「サチ」って何だ~?「恋八よ」か、これは。A面でこうなら、B面はかなり手強い。「Good By Day」は「Goodbye Day」だな。「A Lost Song」は「A Last Song」だし。B面の3曲目は、井上陽水が曲名か? まぁ、歌い手が分かればある程度絞り込めるから、これはこれでありがたかった、かな。

次の曲も分からん。「よしやわ泥棒」? 音が割れて非常に聞き取りにくい中、ヒントっぽい歌詞を聞き取っては検索することを繰り返し、どうやら少年隊の「おしゃれ泥棒」らしいとアタリをつけた。YouTube で原曲を聞けたら良かったのだが、あまりメジャーじゃない曲なのかな? そのものピタリ、とはならなかった。

次の曲名も難題だ。「1のラレ'ース」?(゚_。)?(。_゚)? ノイズまみれで聞き取りにくい中にある歌詞を拾い出して検索する、の繰り返しだ。これは、ボーカルがなんか玉置浩二っぽいということがヒントの一つになった。それで、どうもこれらしいと思って出した結論が安全地帯の「Jのブルース」だ。

B6、なんでこの曲だけ曲名がハングル文字なんだろ? これも アーティストが C-C-B ということで絞り込めたのだが、やっぱりそのものずばり、な結果には辿り着けなかった。次の曲は「KoHa」? 歌い手が特徴のあるハスキーボイスだったため、もんたよしのり だろうと思って、何とか歌詞を聞き取って、それで多分これだろうと。YouTube でそのものズバリに当たらないのが残念で仕方ないのだが、その代り、一般人、素人が「カバー」と称してその歌をアップするってのはどうなんだろ。それを言ってしまうと、私の【Theremin mini challenge】も目くそ鼻くそなのかもしれないけど。


大体、日本からの闇ルートによる海賊盤はもう比類のないほどに音が悪い。針音の ぷちっ というノイズならまだしも、録音レベルがメーターを振り切ってそのせいで音が割れてしまっているのだ。しかし、これだけならまだ良いのだ。良くないのは、レコードプレーヤーのピッチが合っていなくて、もんたよしのりの「ダンシング・オールナイト」や早見優の「PASSION」がかなり曲が速い。もんたの声ってこんなに高かったか、と耳をかっぽじって再びヘッドホンを被ってみても、やっぱりピッチが速い。早見優の声に至っては、思いっきり作り物っぽい、初音ミクで再現できそうな感じすら。

と、ピッチが速い曲に慣れてしまった後にニック・ニューサの「サチコ」が普通の速さで流れ出す。


と、内容にツッコミを入れるだけ入れたら、今度はカセットテープにツッコんでみる。


Img031Img032Img_2893


な~んでB面が先なんだ? さらに、テープを再生しても1分近く、いやそれ以上無音状態が続くのも解せない。カーステレオで片面が終わってオートリバースする際の無音状態が嫌だから? そして、テープの内容が記された紙の下には、ん? maxxell? UDⅡ? バーコードにしたって、アタマの「49」って日本製じゃなかったっけ?

んで、私が知っている UDⅡ は

Img045Img_2759Img_2760


なんだよね。Ⅱってのは大体ハイポジションテープだと思っていたんだけど、韓国じゃ違うのかしら? 23年前のことだし、今は今で何か別のものでパクっていたりして。

ポチッとよろしく!

|

« さぁさぁさぁさぁ、家にけぇれけぇれけぇれ | トップページ | じゅうろくまん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46814/60328190

この記事へのトラックバック一覧です: 【Digital】23年前の韓国土産【Archives】1991年6月 社員旅行で行った韓国の露店で売られていたカセットテープ4本:

« さぁさぁさぁさぁ、家にけぇれけぇれけぇれ | トップページ | じゅうろくまん »