« ちゃららー ちゃららららー ぼーん | トップページ | 【Digital】23年前の韓国土産【Archives】1991年6月 社員旅行で行った韓国の露店で売られていたカセットテープ4本 »

2014.09.12

さぁさぁさぁさぁ、家にけぇれけぇれけぇれ

小学生時代に住んでいた田舎は、外にいてもおおよその時間が分かった。まずは、お昼のサイレン。お昼にサイレンが鳴るのはどこの田舎でも同じなのだろうか? あとは、鉄道のマチだったので、朝、昼、夕方になると、始業、昼休み、終業を知らせる「汽笛」が鳴った。

それを省くと、まぁ夕方。夏場だったら午後5時に、冬場だったら午後4時に、丘の上に立つ小学校から、家に帰るように促す音楽が流れた。ただ、その音楽の作曲の主が誰だったのかが分からないので、Eテレの「ららら♪クラシック」をチェックしながら、あー、この曲はこの作曲家の作品だったのか、と ぽんと膝を叩くことも。今回の【Theremin mini challenge】で取り上げたドヴォルザークの「新世界より」の家路のエッセンスのみ も、実は「ららら♪クラシック」を見ながら、おー、そうだったのか、と膝を叩いた曲の一つである。

「ららら♪クラシック」で紹介された時は「新世界より」だったように記憶しているんだけど、それだけをキーワードに YouTube を当たってみると、 的な壮大な音楽が流れる。そこでさらに「家路」とキーワードを追加してやることで、ああ、そういうことか、となる。

そういうことか、となっても、ピアノやオーケストラを、赤い小箱から奏でられる単調な電子音と比べると、かなり、相当見劣りしてしまうのだが、まぁ、これが今の私の玄界灘・・・、限界だな。もっと精進しなければいけないな~。


ポチッとよろしく!

|

« ちゃららー ちゃららららー ぼーん | トップページ | 【Digital】23年前の韓国土産【Archives】1991年6月 社員旅行で行った韓国の露店で売られていたカセットテープ4本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46814/60297970

この記事へのトラックバック一覧です: さぁさぁさぁさぁ、家にけぇれけぇれけぇれ:

« ちゃららー ちゃららららー ぼーん | トップページ | 【Digital】23年前の韓国土産【Archives】1991年6月 社員旅行で行った韓国の露店で売られていたカセットテープ4本 »