« 夕張あたりをうろついて | トップページ | さぁさぁさぁさぁ、家にけぇれけぇれけぇれ »

2014.09.08

ちゃららー ちゃららららー ぼーん

私はヘタレながらも、自称オカルティストと名乗っている。そして、オカルトとは、ラテン語で「隠されたもの」を語源とする。だから、隠されたもののウラを知りたいという資質、強烈な好奇心の持ち主は、それだけでもオカルティストと言っていいような気もする。

さて、この夏も心霊、怪奇特番がいくつか放送された。国民みんなカメラマンの時代、そんな怪奇現象を映像としてみることも多くなった。が、やっぱり画像は鮮明に過ぎて、どこかやっぱり胡散臭く感じてしまうのは否めない。もちろん、その胡散臭さを含めて、そういう特番が好きなんだけれども。

ただ、心霊、怪奇現象の特番があったとしても、視線、意識を空に向けさせるようなUFO特番を見ることはほぼ皆無となった。心霊、怪奇現象の一つとして、キャトル・ミューティレーションが取り上げられることがあるにはあったが、そこのところももうちょっと深く掘り下げてほしかった。

まぁ、発見者である牧場主と、地域の治安を守る保安官、獣医、あとはその近所の目撃者にインタビューするのが関の山、といったところであろうか。

でも、その特番でも使われていた、昔懐かしの「矢追純一UFOスペシャル」のアイキャッチ、タイトルにも使った「ちゃららー ちゃららららー ぼーん」の元ネタを「探そうと思っていたが忘れていた」のを思い出し、検索してみたら比較的簡単にヒットした。

ことの詳細は省くが、1月にあった VHS 映画祭で、主催のSさんが「この音源を探している。プログレの曲の一部なんじゃないかと思っている」と仰っていたのだが、プログレとは違う、アメリカのテレビ用の音源なんじゃないのかな、これは。して、その曲のアーティストと曲名は、Buddy Morrow - Twilight Zone だ。何はともあれ、真っ先にSさんに報告した

それまで知ることができなかったことを、ちょっとしたきっかけで知るために行動を起こせたことと、その結果がちゃんと出たことで、とりあえずは満足したい。また、妖しい音源をさらに手に入れることができたことも含めて、うひひひひ、とほくそ笑むことができた。が・・・、あまりにこの音源の印象が強すぎて、仮にオムニバスCDを作ったとしても、全部この曲に食われてしまいそうで、なかなか扱いに困るような気がしないでも、ない。

ポチッとよろしく!

|

« 夕張あたりをうろついて | トップページ | さぁさぁさぁさぁ、家にけぇれけぇれけぇれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46814/60269738

この記事へのトラックバック一覧です: ちゃららー ちゃららららー ぼーん:

« 夕張あたりをうろついて | トップページ | さぁさぁさぁさぁ、家にけぇれけぇれけぇれ »