« 【Digital】ニッポンの夏フェスの礎、ねぇ・・・【Archives】昭和60(1985)年6月29日土曜日 時間失念 FM北海道 国際青年年記念 ALL TOGETHER NOW by LION | トップページ | 【Digital】私がパソコンを使う理由【Archives】パソコンの師匠による打ち込みのYMO / 私のパソコンの師匠 H »

2014.09.04

自我自【Theremin mini challenge】里の秋

暦の上では9月。秋。

当地ほかいどーでは、夜に窓を開けて寝ると寒さで目が覚めるほどで、あとひと月もしたらほかいどーの屋根、大雪山系に初冠雪の便りが聞かれることだろう。の西にそびえる手稲山が白くなったら、いよいよもってクルマの冬支度の準備をしなければならない。

でもって、今年の夏はどうだったろう? 夕方になると西日の直撃を受ける我がアジトだが、暑くてたまらん、と感じた日はさほど多くなかったように感じる。ただ、クルマのエアコンのガスが抜けてしまったみたいで、炎天下にちょっとの間駐車しているだけで、ハンドルもシフトレバーも暑くて触るのに覚悟が必要になってしまった。が、まぁイイや。クルマのエアコンは来シーズンまで持ち越そう。

さて、本来ならもうちょっと秋も深まったころにアップした方が良かったかもしれない唱歌「里の秋」だが・・・、今までにアップした【Theremin mini challenge】の中で1、2を争う下手糞さと思う。気が向いたら、りべんぢ版としてアップし直すかもしれない。

そんな里の秋の3番の歌詞は


さよなら さよなら 椰子の島
お船に揺られて 帰られる

なんて内容で、太平洋戦争が終わり南方戦線から復員する父を思う、そのような歌なのだそうだ。あ、歌詞はこっちね。
そういう良い歌なんだけど、一昔前の確か「タモリのボキャブラ天国」に投稿されたネタでは、銭湯で体を洗っているの両脇に来た2人の子供がその人の股間を覗いて

真珠かな 真珠かな サオの先

という、何ともコメントしづらい作品に仕上がっていて、苦笑の発作に襲われたことを今でも覚えている。
しかし、この動画を見た、聞いた人もおそらく、苦笑、失笑、あるいは唖然とするんじゃなかろうか。でもとりあえずは、これからも練習してレパートリーを増やしていけたらなぁ、と思っている。

実は学研はテルミン Premium なる、作りもより楽器っぽいものもリリースしているのだが、このサイトに載っている画像の奥の赤い小箱でどこまでやれるか、という考えもあったりして・・・。でもホント、どこまでできるかねぇ。


ポチッとよろしく!

|

« 【Digital】ニッポンの夏フェスの礎、ねぇ・・・【Archives】昭和60(1985)年6月29日土曜日 時間失念 FM北海道 国際青年年記念 ALL TOGETHER NOW by LION | トップページ | 【Digital】私がパソコンを使う理由【Archives】パソコンの師匠による打ち込みのYMO / 私のパソコンの師匠 H »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46814/60237340

この記事へのトラックバック一覧です: 自我自【Theremin mini challenge】里の秋:

« 【Digital】ニッポンの夏フェスの礎、ねぇ・・・【Archives】昭和60(1985)年6月29日土曜日 時間失念 FM北海道 国際青年年記念 ALL TOGETHER NOW by LION | トップページ | 【Digital】私がパソコンを使う理由【Archives】パソコンの師匠による打ち込みのYMO / 私のパソコンの師匠 H »