« 私の笑いのツボ | トップページ

2019.11.09

フィルムの正しい使い方

特に何をするでもなく Twitter を見ていたら、茶を吹き出してしまうような Tweet を見付けるに至った。

ポエムっぽい文章が綴られ画像も添えてあったのだが、その文章と画像の間が相当離れていた。他人が何を書こうが勝手だし、添える画像も公序良俗に反していたり、私に対しての非難、中傷でなければどうでもいい。しかし、その、なんだ、言行不一致さが余りに激しく投稿主の無知さが前面に押し出されていると、茶を吹き出し、さらにはへそで茶を沸かす以上のレベルで、もう、何処からツッコめばいいのかが判断できない。

2019_11_09-kodak_20191109022401 これは炎上なのか、それとも哀れんでいるのか、無知を指差して笑っているのか、あるいは全てか、とにかく、アナログ臭漂うカメラのフィルムを、パトローネから一気に引き出している女性と、カッコよさを狙った(のかもしれない)ポエムみたいな文章が書かれていた。

投稿主がこの騒ぎに気付いて削除されてしまうのもアレなので、とりあえず、スクリーン・ショットで件の Tweet を保存しておいた。
ついでに Tweet の本文も転記してしまおう。

フィルムカメラに魅了されて。
フィルムの中には記憶が詰まってる。光にかざすとなんだか少し見えてくる。
フィルムを入れて写真を撮ってワクワクしながら現像して、その後写真にして初めて撮ったものを見ることができる。
ワクワクしながら待つ時間があるからこそ見ることができた時の感動が大きい

確かにね、フィルムカメラでしか味わえないワクワク、ドキドキ感は感じられる。
けどね、けどさ、パトローネからちょっと出ているフィルムの端っこ(通称はベロで良いだろう)を一気に引っ張り出す行為はどうよ・・・。

多分、恐らく、このフィルムでは何も写していないとは思う。一般人であれば、撮影を終えたフィルムは全てパトローネの中に入り、ベロ出し器を使わないとフィルムを引っ張り出すことはできないだろう。仮に、ドライバーでも差し込んでパトローネの中に全部巻き込まれたフィルムの先っちょを見付け、それを引っ張り出したとしても、その段階でフィルムに焼き付けられた画像のほとんどはオジャンだと思う。

また、使い切りカメラ、有名なメーカーの某一眼レフカメラのように、フィルムを装填すると、カメラがフィルムを一気にカメラ側に巻き取り、撮影が済んだフィルムをパトローネに戻すタイプも存在する。フィルム一本を使い切ったら、パトローネだけがカメラ、使い切りカメラ内に残り、フィルムを巻き戻す手間が省ける。が、フィルムを使い切った後に、フィルムを巻き戻さないヤツがどれぐらいいるだろう?

そして、使っていないフィルムを光にかざして「なんだか少し見えてくる」の「なんだか」とはなんだ?

「フィルムを入れて写真を撮ってワクワクしながら現像して」も、一般人だと「ワクワクしながら現像」はしない。全ては DPE ショップ にお任せだ。

中学や高校時代の部活で写真部に入った人なら、狭いアパートの中に暗室を作る根性がある人もいるかもしれない。が、フィルムの現像だけだったら、明るい部屋の中でも可能だ。その際に、ダークバッグと呼ばれる、現像タンク、フィルム、両手を突っ込む袋の中で作業しなければいけない。デジカメ全盛の時代でも「現像、写真の焼き付け」をしたいと思う人間向けに、簡単な現像装置も売っているらしい。

そして、現像にも細かい規定があって、現像液の温度が何度だ、現像タンクを振ったり机の角にぶつけたりする時間も何秒か、何分か、フィルムの現像が終わったら、暗室に入ってフィルムに映った画像を感光紙に焼き付ける場合も、やっぱり規定がある。モノクロ写真であれば、素人でも独学で知識を学べば何とかなる。が、カラーのネガフィルムだとなぁ・・・。カラーのポジフィルムであれば、自分で現像してスライドフィルムにすることもできるみたいだけど、経験がないので何も書けない。

現像だけでスライドフィルムにして、それを光にかざして見れば、写真と同じ画像が写っている。それを紙に焼くことも可能だ。でも、ポジフィルムはハイ・アマのフィルムだと思っているので、使ったことがない。

こういう知識は誰でも知っていると思っていた(そうじゃない事に今気づいた)し、一昔、あるいは二昔前なら、ロシアのカメラ LOMO で撮影した、本当に現像してみないと分からない写真が流行ったこともあるし、訳の分からない変なカメラで写真を撮ってみるのを楽しんでいる人もいる。私も実際に、台湾製の一眼レフカメラもどきを持っているけど。

だけど、ポエムだとしても、正しくない使い方をして「ドヤ顔」で一人 悦 に入っている光景は、滑稽以外の何物でもない。ポエムだけなら良かったかもしれないが、未使用フィルムを引っ張り出して「光にかざすとなんだか少し見えてくる。」のなんだかが本当に何なのか、なんだかとっても知りたいと思ってたまらない。

|

« 私の笑いのツボ | トップページ