« 電柱からの黙示録 | トップページ | 移植手術 »

2020.05.08

壊れた。なら直す。

Img_4929ここしばらく、Blu-ray レコーダー、シャープの「BD-UW2200」の調子が悪かった。一応、CD は読める。DVD も大丈夫。Blu-ray だけが読み書き不能となっていた。レコーダーからのメッセージの通り、他の Blu-ray Disc を試してみたが、結果は変わらない。自分で録画したものが主だったが、動作確認のためにレンタルしてくる気持ちにもならない。

Img_4972取り合えず、内蔵ハードディスクにはそこそこ余裕があった。普通に録画してそれを見返す分には何の問題もない。だから、問題は Blu-ray Disc Writer だろう、そう考えた。パソコンを組んだ経験はある。そして、新しい機械モノはほとんどがユニットで構成されていて、Blu-ray レコーダーの場合、基本的には「制御を取り仕切る基盤」と「ハードディスク(HDD)」、「Blu-ray Disc Writer」に分けられる。

見ての通りで、左側で一番目立つのが BD ライター。真ん中にヒートシンクがあるのが、多分制御のためのシステムが入っているのだろう。そして、右で存在感を発している TOSHIBA のハードディスク。

その他にはおまけ的な冷却ファンがあったり、タイムカウンターがあったりするが、新しいタイプの Blu-ray レコーダーにはそのタイムカウンターがない。そのような AV 的な機械に関しての光り物は好きなのだが、いくら機械の体積が小さくなっても、その部分だけは残してほしかった、と思っているし、メーカー側にもそれを求めていきたい。しかし「顔」の面積が小さいと、そのタイムカウンター分のスペース確保も難しいのだろうか。B-CAS カード周辺や、HDD か Blu-ray かのモードの下にでも表示部分を入れてほしい。

さて、修理、というより Blu-ray Disc Writer の移植手術、だな。
まずは修理部品の調達。メーカーに修理を頼むと、我が「BD-UW2200」の場合「28,500円+税」也。さらに部品交換なら部品代、出張修理なら出張費用と、あまり考えたくない金額になりそうだ。

対して、検索で見付けた「でんきのなりた屋」の場合、部品代が13,240円。どっちを選択するかは火を見るよりも明らかだ。さらに、発注したのが2020(令和2)年5月1日で、届いたのが5月4日午後4時。そして、部品代だけで送料無料。極めて良心的な青森の電気屋(電気部品卸?)だ。

Img_4920一応は「御開帳」のシーンから「移植手術」の過程をデジカメで記録をしていたのだが、見てもつまらないでしょ? 従って、大幅にカットする。ま、届いたのがこれで2019年9月製造と分かる。

そして「摘出」したのがこれ。2018年7月製造・・・・・・。何故こんなにすぐに使えなくなるのだ↓?

Img_4993中国製なれど Pioneer のロゴがあるのがありがたい。さて、地上デジタル放送に切り替わる直前に入手した、同じくシャープの「BD-HDS63」は、Blu-ray Disc を焼く時にエラーが出るようになっているが、まだ騙し騙し使える。タイムカウンターも付いていて、ハードディスクの容量「以外」は、ほぼ完璧。

他社のレコーダーだと、大容量 HDD が値崩れしている時に交換してしまえば、「こんなに録画しないだろう」な大容量が手に入る。それはホントにメーカーにもよる。パナソニックや東芝のある機種だと、HDD の交換だけで恐ろしい大容量のレコーダーに変貌する。また、少しばかり手を加える事で大容量レコーダーになる機種もあるらしい。

しかし、シャープはそうとはならないらしい。いずれそんな情報が出てきた時には BD-HDS63 で実験してみたいとは思う。

そもそも、なぜ Blu-ray レコーダーの2台体制なのかと言えば、それは未だ大量に残る VHS ビデオカセットをデジタル化するため。BD-HDS63 にビデオデッキを繋ぎ、そこにダビングする。BD-HDS63 と BD-UW2200 を LAN ケーブルで繋げば、楽に BD-HDS63 にダビングした VHS 遺産を BD-UW2200 に移すことも可能なのだが、どうやっても上手くいかない。仕方がないので、BD-HDS63 で書き換え自在な BD-RE Disc に焼いてから、BD-UW2200 にダビングする、という作業が必要になるのだが、その時に BD-HDS63 が書き込みエラーを起こすのだ。

BD-UW2200 に新調する際に、機種の選定を誤ってしまったようだ。BD-UW2200 には外部入力端子、赤 白 黄色のケーブルを刺す端子がなかった。まぁ、失敗したとは思ったが、BD-HDS63 の基本機能の優秀さを再認識する事になった、と思うようにしている。

ひょっとしたら、BD-UW2200 の上に BD-HDS63 を乗っけて二階建てにしている事が BD-UW2200 の性能を落としている理由なのか? とはいえ、そうする事でしかスペースを確保できない。

思いの外長くなってしまったので、次号へ続く。

« 電柱からの黙示録 | トップページ | 移植手術 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

テクノロジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電柱からの黙示録 | トップページ | 移植手術 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • エネルギー
  • カメラ・写真
  • グルメ・クッキング
  • ゲーム
  • スポーツ
  • テクノロジー
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 交通関係
  • 住まい・インテリア
  • 学問・資格
  • 心と体
  • 恋愛
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 環境
  • 経済・政治・国際
  • 自動車関連
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ