« 移植手術 | トップページ | 赤いホンダ »

2020.05.17

約束

「約束を守る」のは、人間が他の人間と付き合うための最低限の身だしなみだと思っていたんだけど、お隣さんではそのように教育されていないのか。という事は、我々はもう、お隣の国とそこに集う生物を「人間」と見なくてもいいんだ。へー。だから、今作った法律を過去に遡って有罪にもできるんだ。

【コラム】約束の差を理解してこそ韓日葛藤は解消 ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版
2020.05.16 10:50
112
韓日両国は1965年の韓日基本条約締結でひとまず植民地時代の請求権問題が解決されたと同時に、正常な国交が結ばれることになった。その後、韓国の半導体とIT関連産業の急速な発展と共に、韓国と日本の間には製品生産と必須素材供給の緊密な経済パートナー関係も形成された。しかし過去の問題と韓日条約の解釈問題をめぐる両国間の認識の違いが浮上するたびに韓日関係は冷え込み、これは経済だけでなく文化、社会全般にわたる両国間の交流に多くの支障を来してきた。

もちろんこれらすべての問題の根源は日本が韓国を支配した過去にある。被害者と加害者のそれぞれ異なるアングルで見るため視点の違いが大きいと言える。しかし具体的な要因としては次の二つを挙げることができる。一つは、両国間には文化的な違いによる誤解の余地が存在するという点だ。もう一つは、両国関係の信頼形成に責任がある政治指導者が本意かどうかはともかく両国関係を国内政治局面の転換用として利用するケースがあるという点だ。

まず、文化的な違いが存在するが、その一つが約束に対する認識の違いだ。韓国で約束をするということは、「ほかの特別な事情がなければ」という、約束よりさらに重要な事情がある場合は相手を説得できるという無言の前提が入っている。これに対し日本で約束をするというのは、「人の力で統制不可能な天災地変でない限り」という、先約を最優先する前提がある。

慰安婦や徴用工の問題も同じだ。日本としてはひとまず1965年の韓日請求権協定で5億ドルを賠償し、これですべての請求権を抹消することに韓国と約束したと考える。一方、現在の韓国としては当時の状況とは事情が大きく異なり、当時被害を受けた一人一人の立場を加害者の日本が必ず考慮しなければいけないという立場だ。こうした約束に対する文化的な違いをお互い理解できず不信感は深まり、日本は経済的報復というカードまで取り出すことになった。

次は国内政治の転換用として韓日関係が利用されているという点だ。大統領が任期末期に政権の支持率を挽回しようと突然、独島(ドクト、日本名・竹島)を訪問するのがその例だ。こうしたイシュー以降は、日本国内の韓流ブームが薄れ、嫌韓論が強まることになった。そしてこれによる精神的苦痛と経済的損害はそのまま日本国内の韓国人、そして韓日間のビジネス従事者が被ることになった。

日本の一部の政治家も韓日外交問題を自身の政治的地位を固めるために利用してきた事実があったことを否定できないだろう。首相として初めて韓国を訪問するなど在任中に韓日関係の改善に努力し、日本の大政治家として尊敬されている中曽根康弘元首相は生前、「内政と外交を混交してはいけない」と強調した。中曽根元首相の政治的信条には韓日の政治家も耳を傾ける必要がある。

血を流した無数の戦争の歴史を持つ欧州も対話と妥協を通じて共同体を誕生させた。激しいグローバル競争の下で仲良く互いに助け合うべき隣国が、不信感を抱いて経済紛争まで起こすなどお互い足を引っ張って攻撃し合うことは決してあってはならない。経済的にも切り離せない重要なパートナーである日本とは、過去とは別に相互協力する発展的な関係を築かなければいけない。

李秀チョル(イ・スチョル)/名城大学経済学部教授(環境経済学)

我々日本人は意識せずに「我らは人間」と思ってきた。思ってきた事さえ思っていなかったが・・・。お隣さんの約束は「約束よりさらに重要な事情がある場合は相手を説得できるという無言の前提」があるそうだ。人間 対 人間 の最低限の関係を築けないなら、もう国交断絶はやむなし。民間交流も全て中止。だってそうだろう。相手はんだから。

大体、約束より重要な事情って何よ? そういう事が容易にあり得る場合は、スケジュールを調整してから「改めて」約束するんじゃないのか?「約束の差」だ? そんな物はない。「約束は約束」だし、それを守るのが人間だろう? 他国の人と約束するとしても・・・・・・、う~ん、テレビ東京の「Youは何しに日本へ?」でも、「連絡こ~ず」が結構あるが、まさか、外国ではそれが当たり前なのか? というのか。

まさか、これが世界標準、とは言わないよな。もしそうなら、馬鹿正直な日本人ばかりが損をするって事にならないか? お人好し民族で、相手の腹の中では「真っ赤なウソ」、と舌を出して笑っているのが気付けない大バカ民族って事なのか? 世界でも稀なガラパゴス民族なのか?
それでもいいか。

 

何時でも何処でも

正々堂々、


どんな相手

にでもフェアプレイ


で臨むのが武士道精神だし、どんな時でもお天道様が見てらっしゃる、という意識を持っている。

それが日本ローカルなら仕方がない。日本という、頻繁に自然災害に襲われ、その度毎に助け合ってきた民族。限界まで追い詰めると、誰も考えつかない方法でブレイクスルーを果たし、世界を「あっ」と言わせてきた民族。それが日本だし、日本人だから。

わざわざ日本語でも配信してくれているのなら、英語は当然だろう。さて、このコラムを読んだ英語圏の人々はどういう反応を見せてくれるんだろう。ともあれ、これと同調するような日本の新聞も出てきそうではあるな。新聞とか。

ワタシ的には、一応、約束は守りたい。いくら時間が掛かっても借りは返す。ドアの開閉時には、近くに人がいるならその人が通るまでドアをホールドする、そういう人間でありたい。身なりがビンボ臭くても、そういう気持ちは持ち続けたい。

それにしても、約束に関する意味、価値観がこうも違う人間がいるとは思わなかった。そして、それがお隣さんだという事実も。でも、約束の概念が違っても、哨戒機に火器管制レーダーを照射するか? 人間レベルだと、、に等しい行為を始め、当時の天皇陛下(現上皇陛下)に詫びを入れさせろ、と言ってきた毒ガマガエルもいるし、当然、1965年の日韓基本条約で決まった事も、後から蒸し返して騒いでは日本からカネをたかろうとするお隣さんの存在。

全ての事において、全て日本が悪い事にしたいお隣さんではあるが、日本が自腹切った様々な事については、お隣さんの政府は別の事にカネを使い、その事実を国の生物に発表していない、さらに、大日本帝国時代に行った、と言うより、日韓併合を未だに植民地支配と主張している始末。

本来は東北のインフラ整備に回す予定だったカネを、朝鮮半島のインフラ整備に使ったり、出生率や人口も増えた植民地支配ってあり得るのかね? 一応、植民地でもその宗主国らしい街を作るだろうけど、その他の事は全て搾取。

だが、大日本帝国における朝鮮半島統治は、公衆衛生、教育の充実(ハングル文字を教えた)等、奴隷扱いされる植民地の人々とは違い、一応、生物に対して、衣食住を当時の日本並みかそれ以上のレベルにまで引き上げたのにも関わらず、植民地支配だってよ。

大日本帝国による統治として、台湾もほぼ同じ状況であったにも関わらず、何故台湾は日本に対して憧れ以上の感情を持ってくれているのか、分からない。何故だ?

« 移植手術 | トップページ | 赤いホンダ »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 移植手術 | トップページ | 赤いホンダ »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • エネルギー
  • カメラ・写真
  • グルメ・クッキング
  • ゲーム
  • スポーツ
  • テクノロジー
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 交通関係
  • 住まい・インテリア
  • 学問・資格
  • 心と体
  • 恋愛
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 環境
  • 経済・政治・国際
  • 自動車関連
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ