« 追い掛けてくる過去 | トップページ | 痛い »

2021.04.15

うーん、どうも腑に落ちない

放送されたテレビ番組を取捨選択、編集している時、たまたまその時間に放送されていた地元民放局 HBC の 今日ドキッ!を見たら、ちょうど高レベル放射性核廃棄物、通称核のごみを受け入れるための文献調査に手を上げた、寿都町NUMO との「対話の場」についてのニュースがあった。

ちょうどその「対話の場」がライブ配信されている、との事でググってみたら、NUMONUMO の YouTube チャンネルにヒット。調子に乗ってそのまま見ていたら「対話の場」の最初は寿都町が行い、次からは NUMO が行うという。


しかし、最初の「対話の場はあまりにグダグダだった。そういう対話、会合、寄り合いがあるのなら、まずは会則が必要じゃないかという事に終始し、参加した人々によるワークショップが行われる筈だったのだが、最後まで会則の話しかされていなかったような印象を受けた。


やれ、NUMO の人が誰なのか分からん、そんな人に対話の場の進行はできない、等々。そして、次からの「対話の場」には参加しないという。部外者だからそう思うのかもしれないが、やっぱり知らん人に司会、進行を任せたくないという部分はあると思う。


で、そのライブ配信を途中から最後まで見続けてはいたが、正直な感想は、


1、出席者の数が少な過ぎる
2、ワークショップは映像のみ(ワークショップまで進められる雰囲気ではなかったが)
3、会則(でいいんだよね)にこだわり過ぎ
4、広く寿都町の将来を決める


という感じ。明日は神恵内村で「対話の場」が開かれるという。どのような思いの参加者が集まるんだろう?


そしてこの寿都町で行われた「対話の場」の出席者は、寿都町の片岡春雄町長が決めたという。これは、町長による「既成事実の積み重ね」のような気にもなる。


さらには、主に発言していた人は数人で、反対派の先頭で旗を振っているような人だった。結局、声が大きい人が場の雰囲気を作り、賛成派が発言しにくい状態にもなったようにも感じる。


ただ、片岡春雄町長は、過去のドキュメンタリーで、寿都にやってきた鈴木直道北海道知事


中退前提で奨学金を貰うようなものだ」と言われたのに対し
極力中退にならないように・・・」と返した。
中退にならないというのは、ここまで(最終処分)行っちゃうということですか?
私は最後まで行くべきだと思っていますよ。個人的には。


と返した。ソースはあるよ。2020年11月28日放送の報道特集。


で、これってどうよ? 首長として「やるだけやってあと知らね。任せた」と次の世代に都合の悪い事を丸投げしているように感じてしまう。

文献調査で20億、次の段階に進んだらさらに70億。地方自治体が貧乏なのは分かるし人口も流出して過疎になるのも分かるけど、目の前の90億を充てにして核のごみの最終処分場を残すのは賛成できないね。ならばどこが適任の場所か、と問われても分からないけどさ。


ともあれ、北海道には「核のごみを持ち込ませない」という条例があり、知事とその市町村長の許可がないと事は進まないけど。下手に核のごみの文献調査を受け入れたら、なし崩し的に最終処分場になるんじゃないか、と国を信用していない人も多い。


それと、核のごみが無害になるまで10万年? その長い時が経った時、人類がどうなっているのかすら分からないじゃんよ。それに、最終処分場に最適な、10万年経っても変化しない岩盤層が日本にあるのか?


片岡町長は言う。一度、核のごみが寿都に来る、という事は除外して欲しい、と。しかし、町民はできない、と反発する。国を信用して、と言っても、信用できない、と応酬がある。


いつまで経ってもオチはつかないだろう。
ちなみに、東日本大震災に関する報道、ドキュメンタリーや、福島第一原発の廃炉等の報告に関する情報は、それ専用の Blu-ray に焼いている。まぁ、見事なもんですわ。


2020_11_28 土曜日 HBC 報道特集 文献調査始まる “核のごみ”に揺れる町は今
2020_11_29 日曜日 HTB テレメンタリー2020 「過疎を取るか核を取るか『核のごみ』処分場に揺れるマチ」
2020_12_14 月曜日 STV NNNドキュメント 「核のごみは問いかける 『尊重』の先には・・・」


2021_02_13 土曜日 UHB 土曜プレミアム・映画「ヲタクに恋は難しい」【地上波発放送・本編ノーカット】
    23:08~ 東北地震発生速報


2021_02_14 日曜日 HTB ワールドトリガー【ヌマニメーション】
2021_02_14_ 23:08 発生 東北地震報道


報道特集、テレメンタリー2020、NNNドキュメントと並ぶのはまぁ自然の成り行きかもしれない。が、「ヲタクに恋は難しい」は、もう少しで映画も終わるタイミングで東北地方に大きな地震発生。ワールドトリガーは、全て東北地方の大きい地震の報道で放送されなかった。
まぁ、それはしゃーあんめぇ。

« 追い掛けてくる過去 | トップページ | 痛い »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • エネルギー
  • カメラ・写真
  • グルメ・クッキング
  • ゲーム
  • スポーツ
  • テクノロジー
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 交通関係
  • 住まい・インテリア
  • 学問・資格
  • 心と体
  • 恋愛
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 環境
  • 経済・政治・国際
  • 自動車関連
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ